節税

Pocket

節税とは、控除や非課税制度を用いて、支払うべき税金を積極的に低く抑える行為のことを指す。

しばしば混同されて用いられる「脱税」との違いは、節税はあくまでも対象となる行為が法律の範囲内で行われるのに対し、脱税は完全にそのこと自体が違法であるという極めて明確な違いがある。

また、関連する用語としては租税回避と呼ばれる言葉がある。

租税回避は、節税と脱税の間に位置するような概念で、法律で明確に定められていない範囲にあたり、通常では行わないような特殊な取引を行うことにより、課税の対象から逃れるというやり方である。

この点に関しては、形式上合法となるが、課税関係を所管している省庁との見解の相違が生じ、後に追徴課税対象となり、最悪の場合納税者と論争までに発展したという例も存在する。

この件の背景に存在する考え方としては租税法律主義という概念がある。租税法律主義とは、税金の徴収は必ず法的な根拠が必要であるというものである。

関連記事

確定拠出年金の節税効果|給与計算の基礎知識
経費は節税の強力な味方!必要経費を正しく理解しよう
保険の節税効果とは?個人事業主と法人が節税に活用できる保険まとめ
中小企業経営者が知っておくべき節税対策とは?
青色申告で節税対策|青色申告の基礎知識



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。