税引前損失

Pocket

税引前損失とは、会社の本業である営業活動などにより生じる通常の経常損益に、例外的な要因で生じる特別利益や特別損失を加減した際に、マイナス状態になることである。

税引前損失は、経常損益に特別利益をプラスして、特別損失を引いたものであるが、税引前損失と対象の概念が税引前利益なのである。株式会社であれば、契約者配当準備金繰入額を引いた金額になるのだ。もちろんこの税引前損失は、会社にとっては理想的な状態ではないのだが、すぐに悪いと判断してしまうのではなく、税引前損失が出ている原因や関係する要素を分析することが重要なのである。

損益計算書に記載される数値は、一年間だけの数値で判断するのではなく、時系列を見て比較することで、数値が良いのか悪いのかを分析することができるのである。ここ一年間の数値と、過去数年間の数値を比べて、時系列分析をすることにより、より正確に経営状態を判断することができるのである。税引前損失があったとしても、非現金支出費用が大きかったり、運転資金が少なくなっていたりするなどの原因が分かることがあるのである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。