小口現金

Pocket

小口現金とは、会社の経営において、日常に必要となる小口の支払いのために、前渡しされる資金のことである。

小口現金は、現金と同じように、紙幣や硬貨などの金銭であり、いつでも必要な時に使用が可能で支払いができるという点で、性質上は同じである。とはいえ簿記会計上においては、現金と小口現金は区別して管理されます。

また現金や小切手を全て金融機関にまとめ、支払いのほとんどを小切手で行なうことにより、現金や小口現金による支払いの誤りや誤差、盗難や紛失などの危険を避ける方法をとる会社も少なくない。

現金と小口現金は区別して管理するため、会計上においても異なる分類で計上するのだ。現金と小口現金とを分けて管理する理由の一つは、警備上や安全管理の問題が上げられる。

会社においては安全の理由から、現金を社内に保管するのではなく、銀行に預金することが多いが、日常の支払いの際には不便であるため、小口現金は現金と分けて管理する必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。