個別対応

Pocket

個別対応とは、企業の利益と経費の対応関係を直接に認識する方法であり、企業の経営者が消費税を納め、課税売上割合が95%未満だった場合に調整する方法の一つである。

なお、課税売上割合が95%未満だった場合に調整するもうひとつの方法として一括比例配分方式がある。消費税の仕入税額控除の算出を行なう場合には、個別対応方式と一括比例配分方式の二種類に分けられる。

個別対応方式で計算する場合には、課税売上に対する仕入れに要した消費税、非課税売上に対する仕入れに要した消費税、課税売上と非課税売上に共通して要した消費税の、三つに区分する必要がある。

仕入税額控除の算出においては、個別対応方式の方が一括比例配分方式よりも有利である。課税売上に対する消費税は全額が控除対象となり、非課税売上に対する消費税は全額が控除対象外、課税売上と非課税売上の場合には割合に応じて控除の額が計算される。

課税売上の割合を計算する際には、従業員や床面積、取引件数などの割合から算出することも可能である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。