期間対応

Pocket

期間対応とは、ある一定の会計期間を基準にして、減価償却などにより経費を計算して、対応関係を分析する方法である。

期間対応は、期間的対応あるいは間接的対応とも呼ばれている。会社の取引において生じる経費と収益の対応関係が、製品や商品で判断できない場合に、ある一定の会計期間を基準にして間接的に分析する。

基準となる会計期間は、事業年度で認識されることが多い。会社の取引における損益を計算する場合、得られた利益から引かれる経費は、利益と関係のあるものに限定される。これらの経費と利益の対応関係には、期間対応と個別対応の二種類がある。

ある一定の会計期間の利益との対応関係を、期間という基準で経費を分析することで、会社の経営成績を期間で比べることができる。

会社の経営に必要な機械装置やその他の設備を購入した場合、その設備を使用できる期間を基準にして、原価を年数で配分することで、減価償却が可能になる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。