形態別分類

Pocket

形態別分類とは、企業が製品や商品を作るために何をどのように消費したのかといった内容を、その形態に注目して費用科目ごとに分類する基準のことである。

形態別分類は、費用科目における分類基準の一つであり、それぞれに異なる形態を分類することができる。形態別分類は、財務会計における経費が発生する形態、すなわち支払い方法の形態や取引方法の形態などを分類することが可能である。

こうした形態別分類の分析が、原価にかかる費用の算出と財務会計上の関連性を調整するために肝要な要素となる。

通常、形態別分類に基づいて分類されるものの中には、給与や家賃、保険料や消耗費、水道光熱費や旅費交通費などといった項目が含まれる。形態別分類を採用することで、消費した物品の形態に合わせて科目ごとに分類できる。

一例として、商品を消費すると材料費に分類され、人件費を消費すれば労務費に分類、サービスの提供を受ければ経費として分類される。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。