総合償却

Pocket

総合償却とは、減価償却の適用方法の一つであり、複数の固定資産をグループ単位でまとめた上で、一括して減価償却計算を行う処理のことである。

減価償却は本来、個別の資産ごとに法定耐用年数に応じて処理されるものであるが、規模の大きな機械設備などでは個別償却を実施していると減価償却費の計算が煩雑となってしまうため、資産の種類によっては一括での償却を認めるという制度が、この総合償却である。

具体例としては、工場の生産ラインで使用される機械装置類や設備等を挙げることができ、これらはライン全体が一体となって役割を果たす資産であるため、全部で一つの資産として扱われ総合償却資産とされる。

したがって、総合償却に該当する機械類の場合、まったく同一の機械であったとしても役割が違えば耐用年数が変わってくる。

総合償却が適用される資産グループにおいては、グループ内の全資産の平均耐用年数を元にして減価償却計算が行われることになる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。