取締役

Pocket

取締役とは、企業の業務執行における意思決定機関の一員であり、対外的に会社を代表する存在であり、すべての株式会社に必ず置くことが義務づけられている役職である。

株式会社においては「所有と経営の分離」の原則があるため、取締役は経営を担当する部門の最高位責任者となるが、取締役が個人の一存だけで重要事項を決定することはできないように規定されており、経営における意思決定は3人以上の取締役を含む取締役会によってなされることになる。

ただし、2006年5月の新会社法施行以降は取締役会の設置が任意となり、企業の機関構成によっては取締役の権限は異なってくることがあるため、取締役の定義も一義的には行えなくなっている。

取締役会非設置会社においては、取締役は業務執行兼と代表権を持っており、意思決定機関の一員に過ぎない取締役会設置会社における取締役とは立場が変わってくる。

会社内の肩書きでは会長・社長・専務・常務といった役職を与えられていることが多いが、本来、表取締役以外の取締役に上下関係はなく、この序列が持ち込まれることで業務監査に支障が出るという弊害もある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。