• 更新日 : 2020年6月15日

青色申告会とは

青色申告会とは、青色申告を行う個人事業主・小規模事業者で構成される一般社団法人である。

1950年の青色申告制度開始とともに全国で続々と結成され、現在は100万人を超える会員が所属している。

青色申告会には全国、都道府県、市区町村の3つの組織レベルが存在し、それぞれを会員から選出されたボランティアの役員によって運営され、窓口として事務局を設置している。

各レベル毎に受けられるサービスが異なっており、事前に確認が必要である。

入会するには最寄りの青色申告会事務局に問い合わせる必要があるため、ホームページを参照し指示に従うことになる。

また、入会にあたっては会費と入会金の支払いが必須となっている。金額は各レベル、各事務局によって異なるが、会費は月額1,500円、入会金は1,000円程度が相場となっている。

年間1万円の会費を支払うだけで、税務や経理の相談を始め、様々なサービスを受けることができる上、病気事故への備え、さらには福利厚生も受けられる。

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。マネーフォワードクラウドは会計から人事労務までクラウドでDXを推進、バックオフィスの業務効率化を応援します。