マネーフォワード クラウド請求書Plus お知らせ

案件ごとに前受管理ができる機能をリリースしました

公開日:2021年10月25日

概要

いつも「マネーフォワード クラウド債権請求」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
このたび、案件ごとに自動で前受管理ができる機能をリリースしましたので、お知らせいたします。

これにより、案件ごとに債権および前受残高の管理ができるようになります。
また、残高に応じて適切な仕訳が自動で作成されます。

使用ポイント

  • 「1年契約のサービスについて、先に代金を一括で受け取った」というようなケースで生じる「前受金」などの処理を自動化します。
  • 売上計上や消込の操作により、債権・前受の残高が増減します。それぞれの残高にしたがって、自動で仕訳が作成されます。
  • 案件ごとに残高の推移を一元的に確認でき、入金額と残高をエクセルで管理するような煩雑な作業を省くことができます。

対象ページ

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド債権請求を「業務管理者」「経理」権限でご利用中のお客さま

追加機能の詳細

案件ごとに債権・前受の残高が確認できる

案件の詳細画面の「残高推移」で債権および前受残高の推移が確認できます。

20210513_01

また、「レポート」>「前受残高」画面にて取引先や案件ごとに前受残高の確認ができます。

20210513_01

残高にしたがって仕訳が作成される

債権・前受の残高に応じて適切な仕訳が自動で作成されます。
前受の科目の初期値は、「債権・入金の科目のデフォルト,税の端数処理」画面で設定できます。

案件の詳細画面の「残高推移」に表示されている金額をクリックすると、売上詳細または消込詳細の画面に切り替わり、仕訳データの確認が可能です。

【例】前受科目を「前受金」にしており、前受残高がある場合
【借方】前受金/【貸方】売上高の仕訳が作成される。

20210513_01

今後も皆さまのご要望に基づき、新機能開発・機能改善を進めてまいります。
ご意見・ご要望がございましたら、お問い合わせ窓口よりお送りください。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: