マネーフォワード クラウド経費 お知らせ

仕訳連携機能の仕様変更に関するご案内

公開日:2020年10月22日

いつもマネーフォワード クラウド経費をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
このたび、マネーフォワード クラウド経費からマネーフォワード クラウド会計・確定申告への仕訳連携機能について、一部の仕様や設定画面を変更させていただきました。

なお、設定の移行は弊社にて行いますので、お客さまに設定を変更していただく必要はございません。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド経費をご利用中の管理権限をお持ちのお客さま

対象機能

「申請単位」・「集計単位」で連携している場合

マネーフォワード クラウド会計・確定申告の自動仕訳設定画面で「申請単位」「集計単位」を選択している場合、仕訳連携はこちらの設定に準じて動作するため、マネーフォワード クラウド経費側での設定は不要となります。

  • 申請単位:マネーフォワード クラウド経費にて申請が最終承認されたタイミングで、申請単位で連携されます
  • 集計単位:マネーフォワード クラウド経費にて集計が作成されたタイミングで、集計単位で連携されます

※今回の変更により「集計を作成したタイミングで、申請単位で連携する」ことはできなくなっております。
こちらの設定を行われている場合、今後は申請が最終承認されたタイミングで仕訳が連携しますので、適宜仕訳帳への登録をお願いいたします。

明細単位で連携している場合

マネーフォワード クラウド会計の自動仕訳設定画面で「明細単位」を選択している場合、マネーフォワード クラウド経費の「会計連動」画面内にある「経費明細の仕訳作成タイミング」を設定する必要があります。

  • 明細の作成時:明細を作成したタイミングで連携されます
  • 紐づく申請の承認時:該当の明細を含む申請が承認されたタイミングで連携されます
以前今後
自動仕訳設定仕訳連動モード自動仕訳設定経費明細の仕訳作成タイミング
明細明細明細明細の作成時
明細申請明細紐づく申請の承認時

※今回の変更により「集計を作成したタイミングで、明細単位で連携する」ことはできなくなっております。
こちらの設定を行われている場合、今後は「紐づく申請の承認時」(申請が承認されたタイミング)に仕訳が連携しますので、適宜仕訳帳への登録をお願いいたします。

「仕訳連携済」表記について

マネーフォワード クラウド経費にて仕訳連携モード(仕訳連携タイミングの設定)がなくなることにより、「仕訳連携済」という表記も今後は表示されなくなります。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: