マネーフォワード クラウド勤怠 お知らせ

従業員情報に「有給休暇起算日」項目を追加します※2024年7月25日追記

公開日:2024年07月01日

※2024年7月25日(木)に従業員情報に「有給休暇起算日」項目を追加するリリースが完了しました。(2024年7月25日追記)

いつも「マネーフォワード クラウド勤怠」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
これまで有給休暇の自動付与の起算日は「入社日」を参照しておりましたが、新たに「有給休暇起算日」項目を追加します。

これにより、「入社日」とは別の日付を有給休暇の自動付与の起算日として設定できます。
詳細について以下でご説明します。

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド勤怠をご利用中のお客さま

リリース予定日

2024年7月上旬~7月中旬
※スケジュールについては現時点での予定のため、変更となる場合があります。

追加機能の詳細

従業員」画面に必須項目として「有給休暇起算日」項目を追加します。
なお「有給休暇起算日」は、機能リリース時点でクラウド勤怠に登録されている従業員の「入社日」と同じ日付が自動的に反映されます。

【例】「入社日」が「2024/04/01」の場合→「有給休暇起算日」は「2024/04/01」

すでに有給休暇の自動付与が行われていると、「有給休暇起算日」を修正できない場合があります。
修正をご希望の場合は、リリース後にコンタクトセンターまでお問い合わせください。

ご注意

「有給休暇起算日」には「1900/01/01~2099/12/31」の範囲の日付のみ入力できます。
現在登録されている「入社日」が、「1900/01/01~2099/12/31」の範囲から外れている場合は、以下の規則にしたがって日付が自動的に反映されます。

  • 「入社日」が1899/12/31以前の場合→1900/mm/dd
    【例】「入社日」が1500/09/15の場合→1900/09/15
  • 「入社日」が2100/01/01以後の場合→2099/mm/dd
    【例】「入社日」が2500/09/15の場合→2099/09/15

今後も皆さまのご要望に基づき、新機能開発・機能改善を進めてまいります。
ご意見・ご要望がございましたら、お問い合わせ窓口よりお送りください。

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: