マネーフォワード クラウド勤怠 お知らせ

「所定」の集計方法を選択できるようになりました

公開日:2020年04月15日

いつもマネーフォワード クラウド勤怠をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、労働時間の「所定」を集計する方法について、従来の「勤務パターンの契約時間の開始~終了の範囲のみ」に加え、「勤務パターンの契約時間の開始~終了までの時間数分を上限」とする方法を選択できるようになりました。

これにより、例えば本来の出勤予定時刻よりも早く出勤した場合などでも、労働時間が「所定外」とはならず、「所定」として集計できるようになりました。

・本機能のリリース後、すべてのお客さまは従来の集計方法である「勤務パターンの契約時間の開始~終了の範囲のみ」が選択されていますので、現在集計されている時間数が変わることはございません。
・お客さまにて設定を変更すると、「勤怠締め」を行っていない期間については、遡って時間数が再集計されます。

対象ページ

※その他の就業ルールは対象外です。

実装機能の詳細

上記いずれかの就業ルールの「編集」>「勤務時間及び休憩時間」>「労働時間を【所定】として集計する範囲」にて、集計方法を選択いただけます。

従来の集計方法は「勤務パターンの契約時間の開始~終了の範囲のみ」、新しく追加した集計方法は「勤務パターンの契約時間の開始~終了までの時間数分を上限」です。

また、各集計方法の詳細について、以下でご案内いたします。

「勤務パターンの契約時間の開始~終了の範囲のみ」を選択した場合

その日に適用されている勤務パターンの「契約時間の開始~終了」範囲内の勤務のみを「所定」として集計します。


例:契約時間が「10:00~15:00」と設定されているとき、「9:00~14:00」の勤務を行うと、「所定4時間/所定外1時間/早退1時間」となります。

「勤務パターンの契約時間の開始~終了までの時間数分を上限とする」を選択した場合

その日に適用されている勤務パターンの「契約時間の開始~終了」の「時間数分」を「所定」として集計します。


例:契約時間が「10:00~15:00」と設定されているときは、労働時間を「5時間」まで「所定」へ集計することができます。
このとき、「9:00~14:00」の勤務を行うと、「所定5時間/早退1時間」となります。

※注意事項
・「遅刻」や「早退」は、従来と同様「契約時間の開始/終了」をもとに、契約時間の開始より遅い打刻であれば「遅刻」が、終了より早い打刻であれば「早退」が集計されます。
・勤務パターンに「休憩時間自動適用設定」が行われている場合は、その時間数を差し引いたものが「所定」として集計できる時間数の上限となります。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: