マネーフォワード クラウド社会保険をリリースしました

いつもマネーフォワード クラウドをご利用いただきありがとうございます。

2020年3月31日より、マネーフォワード クラウドシリーズに新サービス「マネーフォワード クラウド社会保険」が加わりました。
マネーフォワード クラウド社会保険は、社会保険事務に特化したサービスです。社会保険事務機能はクラウド給与内の機能の一つとして存在しておりましたが、それをこの度スピンアウトしてご提供する形になりました。

なぜ開発したのか?

本サービスリリースの背景は大きく2つあります。

社会保険・労働保険関連手続きの電子申請義務化

2020年4月より、特定の法人による社会保険・労働保険に関する一部手続きに関して、電子申請が義務化されることになりました。

2020年4⽉から特定の法人について電子申請が義務化されます。- 厚生労働省

マネーフォワード クラウド社会保険はe-GovとAPIで連携を行い、ワンクリックで申請を完了することができます。
※電子申請機能は近日リリース予定となっております。

厚生労働省「社会保険・労働保険手続等の電子申請の 利用促進に関する取組について」より引用)

「これを機に社会保険の手続きを電子申告で行いたい」というニーズにお答えし、法令対応のみならず労務ご担当者の業務効率化を推進していきたい企業様に寄り添うべく、本サービスの開発を進めてまいりました。

中堅企業にフィットしたSaaS型ソリューションの提供

小規模事業者様には統合型ERPソリューションとしてマネーフォワード クラウドの提供を行っていますが、中堅事業者様においては、自社の業務に最も適したサービスを組み合わせてご利用いただくことが業務効率化につながると考えており、自社/他社SaaS型ソリューションの連携強化によりカスタマイズ性を高めていくことで、生産性向上に貢献していきたいと考えております。

この戦略に基づいて、提供を行っているのが「マネーフォワード クラウド給与」「マネーフォワード クラウド勤怠」であり、そこに「社会保険」の領域が加わった形となります。

マネーフォワード クラウドの戦略について詳しくは、マネーフォワード クラウドCSO山田のnoteでも解説しております。
マネーフォワード クラウドの事業戦略をCSOが解説します!|山田一也@マネーフォワード

何ができるのか?

現在マネーフォワード クラウド社会保険で対応している手続きは以下となります。(2020年3月31日現在)

  • 入社手続き
    • 健保厚年資格取得届
    • 雇用保険資格取得届
  • 退職手続き
    • 健保厚年資格喪失届
    • 雇用保険資格喪失届
  • 賞与手続き
    • 賞与支払届
    • 賞与支払届総括表
  • 随時改定手続
    • 月額変更届

以下のようなダッシュボードで、様々な手続きの進捗状況を従業員ごとにわかりやすく管理することができます。

マネーフォワード クラウド給与利用者はAPI連携でラクラク

マネーフォワード クラウド給与をご利用中の方は、API連携を行うことで簡単に初期設定を完了することが可能です。今後も随時他社給与計算ソフトとの連携を進めていく予定です。

今後について

マネーフォワード クラウド社会保険で今後対応予定の手続きは以下となります。

  • 定時決定手続き
    • 算定基礎届
    • 算定基礎届総括表
  • 労働保険手続き
    • 労働保険年度更新申告
  • 転勤手続き
  • 休業手続き

※2020年3月31日現在の情報になります。政府による電子申請義務化の方針に沿って、今後の対応内容を検討していきます。

マネーフォワード クラウドは今後も引き続き、人事労務領域における業務効率化、法令対応をスムーズに進めるサポートを行ってまいります。


今後ともマネーフォワード クラウドをよろしくお願い致します。