売掛債権回転率

Pocket

売掛債権回転率とは、会社による売掛債権の回収がどの程度効率的に行われているかを示すための比率のことを指す。企業が一定期間に上げた売上を、その期間中の平均売掛金残高で除して計算する。

売掛債権回転率を見ることで、企業の経営における商品の販売や集金活動が適切であるかを判断できる。売掛債権回転率が高いほど、商品を販売してから代金を回収までの期間が短い、あるいは現金で販売する比率が高く代金の回収が効率的であることを表す。

売掛債権回転率を活用することで、期間中に儲けた売上高が、売上債権残高の何倍であるかを判断することができる。毎月一定の日に締切日を定め売掛合計額を月末に決済する場合、売掛期間は30日となり一年間に12回転することになる。回転率が悪い場合は、表面的には黒字となっていても、実際には回収が難しい売掛金分が含まれていることもありえる。

前もって、代金を確実に回収するための方法や販売条件を確認しておくことが大切になる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。