保険差益

Pocket

保険差益とは、火災や地震など損害保険の支払いが関係する事故や災害が起きた場合に、保険会社から補償のために受けた保険金の金額が、実際の被害で受けた損壊の金額よりも多い、その超過差額の金額のことである。

将来起こる可能性のある災害や自己などに備えて、火災保険や地震保険などの損害保険に加入するのだが、実際に保険事故が発生した場合には、保険会社により定められた基準により保障金額が決定される。

この保障のために支払われる保険金の金額が、実際の被害金額よりも上回ることがあり、この得られた差額の利益のことを保険差益と呼ぶ。

保険差益により得られた利益は、保険差益という勘定項目で管理することができる。

これらの災害や事故は発生するかどうか、またいつ起こるかが全く予想できないため、会社としてはどの程度の損害保険に加入するかが問題となるが、保険差益を得られる保険に加入するかどうかは会社の会計状態を把握しながら決定する必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。