ヘッジ会計

Pocket

ヘッジ会計とは、金融商品会計において、ヘッジ対象に関係する損益とヘッジ手段に関係する損益を、同じ会計期間に認識させ、将来のリスクを回避するためのヘッジ効果を反映させる特殊な会計処理のことである。

ヘッジとは会計処理上で、将来起こる可能性があるリスクを避けるための行動や取引のことである。

ヘッジ対象に関係する損益とは、価格変動や金利変動などの影響を受ける資産や負債のことであり、ヘッジ手段とはそうした変動による損失の可能性を回避するためのデリバティブ取引のことである。

デリバティブ取引は一般的に時価評価されるのに対して、ヘッジ対象の資産が取得原価で評価される場合は、損益を計上する時期に誤差が生じる。

ヘッジ会計を採用することで、損益計上時期の誤差が生じないように、同じ会計期間に反映させることでヘッジ効果を得ることができる。

企業においてヘッジ会計処理を行なう際には、ヘッジ会計であることが客観的に分かるような文書が必要である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。