• 更新日 : 2020年6月10日

現金預金比率とは

現預金比率とは、会社の経営における経済状態の安全性を表す指標の一つである。

現預金比率は、現金預金を流動負債で割ることで計算できる。

現金預金比率は、会社が有している支払い能力を表すための指標であり、比率が高いほど短期的な支払い能力が大きいことを意味している。

現金預金が多くあれば、すぐに支払う能力が高い会社であることを示すため、現金預金比率を見ることで会社の金融状況の安全性を表すことができるのである。

当然、有価証券なども会社の財産であるわけだが、急に支払いが必要になった時にはすぐに現金に換金することができない。

また、現金預金比率は、銀行預金を現金の形で引き出した際に、銀行に預けている預金に対する現金の割合がどのくらいであるかを表わすことができる。

企業が現金を一切持たずに、全ての資金を預金している状態の場合には、現金預金比率がゼロとして計算される。その際には、預金がすぐに引き出せるのか、それとも引き出すのに時間がかかるのかがポイントとなる。

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。マネーフォワードクラウドは会計から人事労務までクラウドでDXを推進、バックオフィスの業務効率化を応援します。