• 更新日 : 2020年6月15日

地方税とは

地方税とは、地方における行政府が課税し、地方における行政府に対して納付する税金のことである。日本における地方税は、原則として地方税法及び地方税法に基づく地方公共団体の条例に基づいて課される。

大きく分けて、「道府県の課する道府県税」と「市町村の課する市町村税」に分けられる。使途が特定されているかどうかによって目的税と普通税に大別される。また税金の負担者によって直接税と間接税に区分される。

現行で道府県税には普通税が12種、目的税が3種存在し、市町村税には普通税が7種、目的税が8種存在する。

主な地方税として、個人の場合は住民税、法人の場合は法人事業税がある。

国税とは計算方法が異なるため、正確な納税額を算出したい場合は、地方税と国税それぞれで計算して算出する必要がある。

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。マネーフォワードクラウドは会計から人事労務までクラウドでDXを推進、バックオフィスの業務効率化を応援します。