クラウド型会計ソフトに関する意識調査(2021年時点)

会計ソフトには「インストール型会計ソフト」と「クラウド型会計ソフト」の2種類が存在しますが、
近年ではクラウド型会計ソフトに注目が集まっています。
30名以下の企業経営者の方に、クラウド型会計ソフトに関するアンケートを実施しました。

クラウド型会計ソフトの認知・利用状況

勤務先で現在利用している17.7%
勤務先で利用したことがあるが、現在は利用していない3.2%
利用に興味はあるが、実際に利用したことはない18.8%
機能や特徴は知っているが、利用する気はない15.7%
名前は知っているが、機能や特徴はよく知らない27.8%
知らない / 聞いたことがない16.9%

クラウド型会計ソフトを導入した理由

  1. バックアップが必要なく
    PCが壊れたり買い替えの際も安心だから
    バックアップが必要なく、PCが壊れたり買い替えの際も安心だから
    69.2%
  2. 税理士に仕訳で必要なデータを送ったりする手間を無くしたいから
    税理士に仕訳で必要なデータを送ったりする手間を無くしたいから
    61.6%
  3. 初期費用がかからず
    始めやすい価格帯だから
    初期費用がかからず始めやすい価格帯だから
    58.5%
  4. 消費税増税への対応などが
    無料でアップデートされるから
    消費税増税への対応などが無料でアップデートされるから
    56.3%
  5. 税理士から送られてくる試算表などのデータをすぐに確認したいから
    税理士から送られてくる試算表などのデータをすぐに確認したいから
    48.7%
  6. 最新の売上やキャッシュフロー状況を確認したいから
    最新の売上やキャッシュフロー状況を確認したいから
    42%
  7. 会計だけでなく経費や給与など他のサービスも充実していたから
    41.5%
  8. 複数の端末で使いたいから
    41%
  9. クレジットカード明細などの自動取込や自動仕訳が便利だから
    35.8%
  10. 社員間でリアルタイムの数字を共有したいから
    26.7%

クラウド型会計ソフトを導入していない理由

導入するほどの大きなタイミングやきっかけがないから63%
なんとなく導入が面倒で腰が重いから53.4%
月額料金支払いへの不安があるから52.4%
バックオフィス業務が楽になるイメージがわかないから47.1%
会社経営が良くなるイメージがわかないから45.5%
忙しくて手が回っていないから38.1%
使いこなせるか分からない(使いこなせなかった)から35%
自分で導入できるか不安だから30.2%

まとめ

  • ・クラウド会計の利用に興味があるのは2割弱、45%はクラウド会計をあまり知らない。
  • ・クラウド型を導入している人は、バックアップが必要ない・税理士にデータを送る手間を無くしたいことを魅力と感じた割合が高い。
  • ・クラウド型導入に至っていない理由として、きっかけがないと答えた割合が高い。次に導入が面倒という割合が高くなっている。

調査概要

調査方法:インターネットリサーチ
調査対象ユーザー:30名以下の中小企業経営者
サンプル数:1,100
調査実施期間:2021年3月