会計ソフト導入についての意識調査(2020年時点)

経理業務を効率化するためには会計ソフトの導入が欠かせませんが、
導入の際にはどのようなポイントが意識されているのでしょうか?
30名以下の企業経営者の方に、会計ソフトに関するアンケートを実施しました。

現在使用している会計ソフトを導入したきっかけBEST5

  1. 1会社を設立したから29.4%
  2. 2税理士や知人におすすめされたから25.6%
  3. 3税理士の変更や契約・解約をしたから10.3%
  4. 4売り上げや勘定科目が増えたから5.7%
  5. 5経理担当者の変更や入社・退職などがあったから4.8%
現在使用している会計ソフトを導入したきっかけBEST5

現在使用している会計ソフトを導入する際、比較しましたか?

  1. 全く比較しなかった48.9%
  2. 機能の概要までは比較した14.9%
  3. わからない・覚えていない13.6%
  4. 複数サービスを試してはいないが詳細は比較した12.9%
  5. 複数サービスを試した上で詳細まで比較した9.7%

現在使用している会計ソフトを選んだ理由

  1. 1税理士に良いとおすすめされたから31.4%
  2. 2料金が安かったから27%
  3. 3機能が1番充実していたから19.1%
  4. 4導入が簡単そうだったから17.6%
  5. 5有名なソフトだったから16.7%
  6. 5知人に良いとおすすめされたから16.7%
  7. 7サポートが充実していそうだったから12.7%
  8. 8デザインなどの見た目が使いやすそうだったから9.3%
  9. 9口コミが良かったから8.3%

まとめ

  • ・会社設立のタイミングで会計ソフトを導入した企業が3割。次に税理士や知人からのおすすめによる導入が25%を占める。
  • ・導入時に比較検討をするのは4割程度。6割強は比較せずに導入を決定している。
  • ・会計ソフトを選んだ決め手は税理士の推薦、料金の安さが多い。

調査概要

調査方法:インターネットリサーチ
調査対象ユーザー:30名以下の中小企業経営者
サンプル数:1,100
調査実施期間:2020年03月