電子帳簿保存法運用フェーズでつまづきやすいポイントと正しい対策

  • 電子帳簿保存法運用フェーズでつまづきやすいポイントと正しい対策
  • 電子帳簿保存法運用フェーズでつまづきやすいポイントと正しい対策

2023年12月31日に、電子帳簿保存法(電帳法)改正後の宥恕期間が終了しました。
以降は電帳法に沿って帳票類の電子保存は義務となっていますが、電帳法へ対応するために社内の体制を変更してから、改めて課題が見つかるケースもあるでしょう。
自社が本当に電帳法に正しく対応できているかを問い、不備がないかを確認すれば、ガバナンス面でも効率面でも適切な経営が可能になります。
このホワイトペーパーでは経費精算を例に、電帳法の運用フェーズで躓きやすいポイントや 適切な対応策について事例を交えて解説します。
【監修者】
リック・アンド・カンパニー代表CEO 公認会計⼠ ⿑藤 佳明

主な内容

  • 電帳法運用フェーズにおける経費精算でつまづきやすい4つのポイント
  • 電帳法対応をうまく進めるポイント
  • 現実的な対応例紹介

※フォームが表示されない場合は、広告ブロック機能が原因の可能性があります。お使いの広告ブロック機能を一時的に無効にするか、別のブラウザをお試しください。

SSL暗号化通信によってこのページはセキュリティで保護されています。個人情報については、「個人情報の取扱について」に従って適切に取り扱わせていただきます。