• 利用料無料
  • 2021年10月1日受付開始

インボイス制度の
登録申請をかんたんに

インボイス制度の登録申請

3ステップで簡単!適格請求書発行事業者の登録申請書類を作成

インボイスに対応するために必要な適格請求書発行事業者の登録申請書類を
フォームに沿って入力するだけで簡単に作成。

Step1

いくつかの質問に答えて書類作成の準備をします。

Step2

フォームに沿って必要な情報を入力します。

Step3

作成した書類を税務署に提出すれば、申請手続きが完了!

※ 本サービスはe-Taxでの電子申請には対応していません。電子申請を行う場合、国税庁の専用サイトより手続きを行ってください。
※ 書類を郵送にて提出する場合、管轄の税務署ではなく、管轄地域の「インボイス登録センター」へ送付してください。

インボイス制度って何?

インボイス制度(適格請求書等保存方式)とは、2023年10月1日から導入される新しい仕入税額控除の方式です。
これにより事業者の消費税の納税額の計算要件が変更されます。

仕入税額控除の
新たな要件に

仕入税額控除の新たな要件

インボイスではない請求書では仕入税額控除が受けられなくなります。

仕入税額控除について

請求書に記載する
項目を追加

請求書に記載する項目を追加

請求書に登録番号と税率ごとに区分した消費税額の記載が必要になります。

適格請求書(インボイス)について

発行事業者への登録が必要

発行事業者への登録が必要

インボイスを発行できるのは税務署に登録した「適格請求書発行事業者」に限られます。

発行事業者への登録について

動画でわかるインボイス制度

申請書の提出期間

インボイス制度が始まる2023年10月1日から登録を受けるには、原則、2023年3月31日までに申請を行う必要があります。
免税事業者の場合、登録を受けた日から課税事業者となる経過措置が設けられます。

経過措置について

図: 申請書の提出期間

マネーフォワード クラウドはインボイス制度に無料で対応予定

書類の提出が完了したら、2023年10月1日からは適格請求書(インボイス)を発行しましょう。
マネーフォワード クラウドなら、請求書の発行業務はもちろん、受取業務も効率化!

インボイス制度に則った形で
請求書の金額を計算

見積書・納品書・請求書を簡単作成

「マネーフォワード クラウド請求書」は2023年10月より導入されるインボイス制度に則った形で請求書の金額を計算。
複雑な税計算やインボイス制度への対応に向けたシステム改修は不要です。

申請時に登録事業者番号を
自動で確認(予定)

ワンクリックでメール送付

「マネーフォワード クラウド経費・債務支払」は申請した書類提出時に国税庁「適格請求書発行事業者公表サイト」を自動照会し、取引先が適格請求書発行事業者か免税事業者の可能性があるのか自動判定可能とする予定です。

マスタから免税事業者を
自動で判定(予定)

見積書・納品書・請求書を簡単作成

「マネーフォワード クラウド会計」は「取引先」マスタで取引先が免税事業者の可能性がある場合は、仮払消費税額を経過措置適用後の金額とするか提案する機能を搭載予定です。

よくあるご質問

サービスの利用料金について教えてください。
本サービスの利用料金は無料です。どなたでもご利用いただけます。アカウントの登録は不要です。
なお、本サービスの利用にあたっては、「マネーフォワード クラウド」の利用規約が適用されます。
どのような書類が作成できますか?

以下の書類が作成できます。
・適格請求書発行事業者の登録申請書(国内事業者用)

本サービスでは、以下の方向けの書類作成が可能です。
・納税管理人を定める必要のない事業者(国税通則法第117条第1項)
・2021年10月1日から2023年3月31日までに書類提出を行い、2023年10月1日から適格請求書発行事業者への登録を希望される事業者

所要時間を教えてください。
ガイドに沿って入力を進めれば、最短3分で申請書の作成が可能です。
その後、書類を印刷し管轄の税務署に提出すれば、適格請求書発行事業者の登録申請書の提出が完了します。
※ 税務署の開庁時間はお客様ご自身でご確認ください。書類の郵送も可能です。
※ 書類を郵送にて提出する場合、管轄の税務署ではなく、管轄地域の「インボイス登録センター」へ送付してください。
e-Taxに対応していますか?
本サービスはe-Taxでの電子申請には対応していません。
電子申請を行う場合、国税庁の専用サイトより手続きを行ってください。
入力の途中で中断した場合、後で再開することはできますか?
再開はできません。一度操作を終了した場合は、初めから入力していただく必要があります。あらかじめご了承ください。
提出後はどうしたらよいですか?
書類が受理されたら、税務署から登録番号の通知が届きます。インボイス作成時に必要になるため、番号を保管してください。
また、適格請求書発行事業者登録簿の登載事項は、国税庁ホームページで公表されます。
今から知っておくべきインボイス制度の概要と対策ガイド