Webデザインの作業効率が間違いなく上がる!初心者なら即インストールしたい、Photoshopプラグイン17選

読了まで約 5

Photoshopは優秀な画像編集ソフトとして有名ですが、その機能を完全に使いこなすのは困難です。まして初心者ならショートカットすらわからないので作業の効率なんて言わずもがな。

そんな初心者にもプラグインという救いがあります。必ず入れておきたいものや使うシーンが思い浮かばないものまで色々ありますが、ここでは、とりあえず最初に入れておいたほうがいいプラグインを紹介していきます。

初心者なら即インストールしたい、Photoshopプラグイン20選

1:Social Kit

スクリーンショット 2015-08-19 15.06.16Social Kit

FacebookやTwitterといったSNSのレイアウト用PSDを生成してくれるプラグイン。Webデザインを担当している人は、頻繁に変更されるSNSの仕様やデザインに頭を悩ませたことがあるのではないでしょうか?しかし、この「Social Kit」があればもう頭を抱える必要がなくなります。

自動アップデート機能が搭載されているので、常に最新のレイアウトに対応することが可能です。

2:flaticon

Photoshopflaticon

フラットデザイン向けのアイコンを手軽に利用できるようになるプラグインが「flaticon」です。ベクター素材なので加工も楽なのが特徴。種類も豊富です。

3:Velositey

PhotoshopVelositey

「本当に無料でいいのか?」と疑ってしまうほど優秀なページレイアウトの作成プラグイン。テンプレートが豊富な上に操作が簡単なので、Photoshop初心者は重宝すること間違いなしです。

4:Hexy

PhotoshopHexy

「Hexy」はスポイトツールにカラーコードの自動取得機能がついたプラグイン。何度もコピーする手間が省けるので、地味な機能ですが意外とインストールしておくと役立ちます。

5:Size Marks

PhotoshopSize Marks

指定したオブジェクト間の距離やサイズを測るためプラグイン。簡単な操作なので使い勝手が素晴らしく、慣れてくると手放せなくなります。

6:Ink

PhotoshopInk

Webサイト化に必要な情報を一括で取得できるようになるプラグイン。サイズはもちろん、フォントの種類やポジション情報なども取得してくれるのでWebサイト化するときには必須です。

7:CSS3Ps

PhotoshopCSS3Ps

Webサイト繋がりでもう1つ。「CSS3Ps」はPhotoshopで作成したオブジェクトをCSS3のコードで出力してくれるプラグイン。Inkとセットで使うと、より効果を発揮してくれるでしょう。

8:GuideGuide

PhotoshopGuideGuide

定番中の定番と言っても過言ではないプラグイン。数値でガイドを引けるようにしてくれる便利な機能を持っており、作成したガイドをセット化して保存できるという特徴もあります。

9:Pixel2Vector

PhotoshopPixel2Vector

ピクセルデータをベクター化してくれるプラグイン。簡単なものであれば、Illustratorを起動しなくて済むのでぜひとも入れておきたいプラグインです。

10:Kaku

PhotoshopKaku

Photoshop上のテキストを翻訳してくれるプラグインです。なくてもいいプラグインかもしれませんが、インストールしておくと割と使うことが多いので、初心者はインストールしておくことをオススメします。

11:COUNT WORDS AND CHARACTERS

PhotoshopCOUNT WORDS AND CHARACTERS

「COUNT WORDS AND CHARACTERS」文字数を数えられるプラグイン。フリーソフトでもいいですがサクサク作業を進められるのであると便利です。

12:Long Shadow Generator

PhotoshopLong Shadow Generator

その名の通り長いシャドウを入れてくれるプラグイン。フラットデザインと相性がいいので、とりあえず入れておきたいPhotoshopプラグインです。

13:Lorem Picsum

PhotoshopLorem Picsum

「Lorem Ipsum Generator」の画像版プラグインです。こちらも適当な画像を自動で生成してくれるのでWebサイト制作のときに重宝します。

14:Divine Proportions Toolkit

PhotoshopDivine Proportions Toolkit

対角線や黄金比などレイアウト時に助かるパスを作成してくれるプラグイン。初心者には難しいかもしれませんが、他のWebサイトを参考にするときにも役に立ちます。

15:PRISMA

PhotoshopPRISMA

カラー情報を一括で管理できるようにするプラグイン。複数のバリエーションを用意したいときに重宝します。クライアントの急な変更に笑顔で対応できることも可能になるでしょう。

16:Swatchy

PhotoshopSwatchy

スウォッチをフォルダで管理できるようになるプラグイン。そもそもしっかりと整理しようという気がなければ意味のないプラグインですが、これで整理することに慣れておくと複数案件のときも非常に捗ります。

17:Layrs Control 2

PhotoshopLayrs Control 2

レイヤーにまつわる操作を簡単にしてくれるプラグインです。ちりも積もれば山となるとは言いますが、それを実感できるのが特徴です。初心者なら入れておいて間違いはありません。

プラグインを使って作業効率アップ!

今回紹介したプラグインの中には少し使うのが難しいものもありますが、使いこなせるようになれば作業の効率は向上するでしょう。ぜひ、気になったプラグインをインストールしてWebデザインの作業効率をアップさせてください。

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

Bizpedia編集部

「Money Forward Bizpedia」は株式会社マネーフォワードが運営している公式メディアです。
マネーフォワード クラウドに関係する会計や経理などのバックオフィス業務をはじめとしたビジネスに役立つ情報を更新しています。



関連するマネーフォワード クラウドシリーズはこちら
マネーフォワード クラウド会計(法人会計ソフト)



「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料