予定昇給率

Pocket

予定昇給率とは、会社の従業員に関して、給与が将来に向けてどのように上昇していくかを予定し、計算するための比率のことである。

大部分の会社では、勤務年数が多くなるにつれて昇給するのが一般的であるが、その昇給する比率を定めたものを、予定昇給率と呼んでいる。

予定昇給率が必要とされる理由の一つは、退職給付金額を前もって把握することである。

退職給付金の金額は、退職する時点での給与を基本にして、勤務した年数を乗じて算出されることが多いため、退職時における給与金額を知るためにも予定昇給率が必要となる。

給与の昇給に関する規定は会社によって異なっているが、予定昇給率を定めておくことで、従業員に対して公平で合理的に昇給することが可能となる。

明確な昇給率が決められていることで、従業員の動機や安定した勤務にもつながる。

予定昇給率を計算する際には、会社の給与規定や平均給与の実態、過去や現在の業績などを合理的に分析して算定する必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。