移転価格税制

Pocket

移転価格税制とは、国際課税が適性に行われることを目的として制定されたもので、企業が所得を海外関連企業へ移転することを防止する税制のことである。

海外に所在する関連企業との取引の際、企業は資産売買や役務提供などの対価を通常取引とは異なる金額に設定することによって、利益を一方から他方へと移転することが可能となる。

所得の移転が行われると、いずれかの企業の会計上の所得は本来見込まれるはずの金額よりも減少することになるが、この場合にはいずれかの国家の法人所得税も比例して減少することになり、国家は本来得られるはずの税収を失ってしまう。

この歪みを是正するため、関連企業間の取引を資本関係にない独立した第三者企業との取引と同様の価格(独立企業間価格)で計算し直すことによって、適正な国際課税を実現しようというのがこの税制の理念である。

移転価格税制の運用においては、租税回避の意図の有無は問われず、あらゆる所得移転に対して一律に適用される。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。