株価売上高倍率

Pocket

株価売上高倍率(PSR)とは、企業が有している価値を売上高の大きさを基準にして表した指標のことである。株価売上高倍率は、企業の時価総額を年間売上高で割ることで計算することができる。

株価売上高倍率は、売上高が出ているものの、実際の利益が出ていない赤字状態の企業を知ることができる指標である。

株価売上高倍率で問題のある企業は、非常にリスクのある投資を行なっていたり、売上高に満足して利益が出ていない状態の赤字企業である可能性が高い。

この倍率を分析することで、期待や思惑だけが先行して、実際には経営状態がよくない企業を知ることができるのである。

企業が儲けている利益を考慮する際には、表面上の売上高だけではなく、経営に必要とした経費も、同じように計算する必要がある。

株価売上高倍率を分析すれば、利益が出ていない企業の株を、どのようにして売るかを考えることもできる。

慎重な投資家であれば、実際の利益が見込める企業にのみ投資をするのが一般的である。そもそも、株価売上高倍率を検討する必要がある企業には、投資をしないのが賢明である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。