保険料

Pocket

保険料とは、保険制度に加入した保険契約者が、保険契約に基づいて保険会社に対して支払う金銭のことである。

医療保険や生命保険、損害保険などの保険に加入するためには、保険会社に対して費用を支払う必要があるが、この保険契約者が保険会社に対して支払う金銭のことを保険料と呼ばれている。

一方で、保険契約の規定に該当する病気や事故、災害などが発生した場合に、保険会社が保険契約者に対して支払う金銭のことは、保険金と呼ばれるので、混同しないように注意が必要である。

保険契約者が保険会社に支払う保険料は、保険契約の内容によって、金額や支払い方法が様々に異なってくる。金額は加入した保険の種類や数量によって異なり、一括払いや月払いなどの支払い方法がある。

会社が会計上で計上する保険料は、純保険料部分と付加保険料部分で管理できる。純保険料には保険に加入した経費を、付加保険料は保険事業を経営するために必要な人件費や物件費などの事業にとして分類できる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。