知識がなくても簡単で迷わない、
MFクラウド給与の賞与計算

MFクラウド給与は「迷わない、間違えない、二度手間がない給与計算ソフト」を目指して、
賞与計算に関してのさまざまな機能を提供しています。
MFクラウド給与で給与計算を普段ご利用されているなら、特に追加で設定をする必要なく、賞与計算が簡単に行えます。

各種控除額の自動計算機能

給与明細をいつでもどこでも確認

各種控除額の自動計算

源泉徴収税額

賞与支払いも給与支払いと同様に、源泉所得税の徴収が必要です。そのため、支払者は[賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表]と賞与支払いを行う月の前月の給与額をもとに算出する必要があり、法令の知識がないと算出することが困難な作業です。
MFクラウド給与では前月の給与額から自動で賞与支払い時に税額を算出することが可能で、細かい計算を手動でする必要がないため、知識がなくても簡単に間違えることなく計算を行うことができます。もちろん、法令改正時も自動でアップデートされるため安心して計算することができます。

健康保険料

協会けんぽに加入している場合は、地域によって保険料率が変わり、また年齢で金額が変わったりなど、手動で計算をするには、専門の知識が必要です。MFクラウド給与では、知識がなくとも賞与額を入力するだけで、健康保険料を自動で計算することができます。
もちろん、組合健保に加入されている場合も保険料率を設定でき、設定された保険料率をもとに賞与額から自動計算し算出ができます。

介護保険料

介護保険料は、40歳から65歳未満の対象者から徴収する必要があります。MFクラウド給与では、従業員情報の生年月日を登録することで自動で対象、非対象を判別し定められた料率を自動で計算し、保険料を算出することができます。

厚生年金保険料

給与と同様に賞与でも、厚生年金の加入者から厚生年金保険料の徴収が必要です。
賞与額を入力すれば、自動で保険料を計算し算出することができます。

雇用保険料

雇用保険料は、対象となる賃金に雇用保険料率を掛け算することで計算されます。この雇用保険料率や労災保険料率は、業種によって異なります。例えば、雇用保険料率であれば、一般事業、農林水産清酒製造事業、建設事業でそれぞれ料率が異なっています。MFクラウド給与では、業種を選択するだけで自動で料率を決定し賞与額を入力するだけで、雇用保険料を自動で計算することができます。

保管の必要がないから安心

自動で端数処理

1,000円未満の切り捨てや料率を乗じることで発生する1円未満の端数処理を、手動で行うと間違えてしまうこともあります。
MFクラウド給与では自動で法令に準じて自動で計算を行うため、意識することなく自動で計算ができます。

パスワードを忘れても大丈夫

料率・法令改正時の自動アップデート

クラウド型のソフトのため健康保険料率や税率の改正も自動で対応しアップデートされるため、わずらわしいソフトの買い直し、アップデート等の作業が不要です。また、アップデートは無料で行えますので料率改正を気にすることなく賞与計算を行うことができます。

その他の機能

明細書の作成・配布まで、時間も手間もいりません

帳票出力

MFクラウド給与では計算だけではなく、「賞与明細」「賞与支払届(開発中)」「賃金台帳」「支払控除一覧表」等の各種帳票の出力に対応しております。

スマートフォンに最適化されたWeb給与明細

Web支払明細

賞与支払い額を従業員にWeb支払明細で確認させることができます。紙に印刷したり、封入等のわずらわしい作業をすることなく賞与額を確定した時点で、閲覧が可能となります。もちろん、公開日の設定も可能です。

くわしく見る
給与明細項目も自由に設定

MFクラウド会計への仕訳連動

賞与計算を確定すると、MFクラウド会計に仕訳候補が自動で表示されるため、CSVで支給控除一覧を出して合計額を計算をする必要がなく大幅な作業短縮が可能となります。

選べる閲覧公開日付指定

全銀フォーマットの出力

インターネットバンキングまたは、EBサービスで、給与・賞与振込や総合振込を行う際に必要なFBデータ(全銀フォーマット)を出力できます。特に特殊な操作をする必要なく賞与計算を確定させるだけで、給与・賞与振込、総合振込に対応したFBデータファイルのダウンロードが可能となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Loading