【弁護士が解説】裁判例に学ぶ! パワハラの判断基準と実務対応

  • パワハラの判断基準と実務対応
  • パワハラの判断基準と実務対応
従業員からパワハラの相談を受けた際、適切な調査方法や判断基準がわからず、対応に苦慮している企業は少なくありません。本資料では実際の裁判例も交えながら、パワハラの判断方法と対応手順を弁護士が解説します。
【監修:谷川 聖治(弁護士法人ALG&Associates 執行役員弁護士)】

主な内容

  • パワハラの定義と6つの類型
  • パワハラと労災の関係
  • 裁判例に学ぶパワハラの判断ポイント
  • ハラスメント窓口に相談があった場合の対応方法
  • パワハラが起こる要因と対策

※フォームが表示されない場合は、広告ブロック機能が原因の可能性があります。お使いの広告ブロック機能を一時的に無効にするか、別のブラウザをお試しください。

SSL暗号化通信によってこのページはセキュリティで保護されています。個人情報については、「個人情報の取扱について」に従って適切に取り扱わせていただきます。