電子取引データだけ電子保管するデメリットを解説! 電子帳簿保存法に最低限で対応すると、どうなる?

  • 電子帳簿保存法に最低限で対応すると、どうなる?
  • 電子帳簿保存法に最低限で対応すると、どうなる?
2024年1月1日以降、電子帳簿保存法の改正によって電子取引データのデータ保存が義務化されました。そこで「取り急ぎ、電子取引データのみ電子保管しよう」と考えている事業者も多いのではないでしょうか。しかし、このように最低限の対応を行うことで様々なデメリットが生じます。

この資料では、電子取引データのみ電子保管する場合のデメリットや、システム導入による業務効率化の方法についてご紹介します。

主な内容

  • 2024年1月1日以降、電子取引のデータ保存が義務化
  • 電子取引データのみ電子保管する場合の業務フロー
  • 電子取引データのみ電子保管する場合のデメリット
  • 電子取引データのみ電子保管に対応した企業様の声
  • マネーフォワード クラウドなら紙も電子も一つにまとめられる
  • システム導入で作業時間を約75%削減

※フォームが表示されない場合は、広告ブロック機能が原因の可能性があります。お使いの広告ブロック機能を一時的に無効にするか、別のブラウザをお試しください。

SSL暗号化通信によってこのページはセキュリティで保護されています。個人情報については、「個人情報の取扱について」に従って適切に取り扱わせていただきます。