弁護士が解説! 電子帳簿保存法下で法務が意識すべき契約書管理のポイント

  • 電子帳簿保存法下で法務が意識すべき契約書管理のポイント
  • 電子帳簿保存法下で法務が意識すべき契約書管理のポイント
電子帳簿保存法は、帳簿書類を電子保存する際のルールを定めた法律です。
請求書や仕訳帳など経理担当者が担当すべきもののように思えてしまいますが、国税関連書類である契約書もルールの適用対象となるため注意が必要です。
本資料では、契約担当者が意識すべき電子帳簿保存法対応のポイントを、弁護士が実務的な観点から解説します!

この資料で分かること

  • 契約書と電子帳簿保存法の関連
  • 押さえておきたい!6つの改正ポイント
  • 法務が対応すべき電子帳簿保存法の具体的な対応方法

※フォームが表示されない場合は、広告ブロック機能が原因の可能性があります。お使いの広告ブロック機能を一時的に無効にするか、別のブラウザをお試しください。

SSL暗号化通信によってこのページはセキュリティで保護されています。個人情報については、「個人情報の取扱について」に従って適切に取り扱わせていただきます。