クラウドで、業務効率を改善

日々の取引の入力など面倒な作業は自動化し、業務効率を大幅に改善。
データをクラウドに集約し、経営の見える化を実現します。

クラウドだから便利で安心

データ入力の手間を削減

データ入力の手間を削減

銀行、クレジットカード、電子マネー、POSレジ、勤怠管理、人事労務手続きなど様々なサービスと連携することで、入力や仕訳を自動化します。

人工知能(AI)で賢くなる

人工知能(AI)で賢くなる

人工知能(AI)がビッグデータを元に勘定科目を提案。マネーフォワード クラウドは使うほど賢くなって、自動入力・自動仕訳がどんどんラクになります。

いつでもどこでも使える

いつでもどこでも使える

パソコンはWindowsとMac両対応、さらにiPhone、iPadやAndroidなどのスマートフォン・タブレットも場面に応じて活用できるマルチデバイス対応です。

データが消えない

データが消えない

データはクラウドに自動保存されるので、パソコンが壊れたり紛失しても、データが消えることはありません。またパソコンを買い換えてもデータの移し替えや設定作業が不要です。

無料でアップデート

無料でアップデート

法令改正や消費税の増税への対応や日々のサービス改善にも無料で素早くアップデート対応。従来のパッケージ型の会計ソフトと異なり、すべて無料で最新機能に更新します。

充実したサービス

充実したサービス

会計、確定申告、請求書、経費、給与、マイナンバー等の各サービスがありますが、お客様のニーズやビジネスの成長に合わせて、ご利用いただけます。

業務効率を大幅に改善

毎月の「会計業務」にあてる時間を
2分の1に短縮

手作業での入力平均約19時間/月
自動化でスマート平均約9時間/月

2019年9月「マネーフォワード クラウド会計・確定申告のサービス利用に関するアンケート」のインターネット調査結果より

「請求業務」にかかるコストを
年間約101万円削減

印刷・発送の手間平均約149万円/月
メール・郵送代行平均約48万円/月

月間請求書枚数が300枚以上、時給1,800円、請求書の送付を郵送からメールに切り替えた場合

「経費精算」にかかる時間を
年間100万円削減

紙で申請・承認平均約160万円
スマホで申請・承認平均約30万円
+クラウド経費利用料30万円

従業員数100名、時給1,500円、うち50名が毎月経費精算する場合

「給与計算」にかかるコストを
年間約133万円削減

手作業での集計平均約209万円/月
自動で集計平均約76万円/月

従業員100名でWeb明細を利用した場合

経営を見える化

経営状況を見える化

マネーフォワード クラウド会計(法人会計ソフト)
経営状況を見える化

マネーフォワード クラウドでは、日々のデータを自動集計した結果をレポート機能でリアルタイムに見える化。経営状況を素早く把握できるようにすることで、より早く正確な意思決定をしやすく、資金繰りの不安の軽減や経営の安定化に貢献します。

売上を見える化

マネーフォワード クラウド請求書(請求書作成ソフト)
売上を見える化

請求書を作成すると、自動的に売上レポートを作成できます。月次推移分析や取引先別、品目別分析が手間なく行え、売上の傾向や今後の対策のポイントをつかむことができます。

経費を見える化

マネーフォワード クラウド経費(経費精算システム)
経費を見える化

様々な費目で発生する経費を簡単に可視化できます。「従業員ごと」「部署ごと」「費目ごと」に見ることができ、手がつけられてこなかった経費の削減ポイントを探せるようになります。

導入・運用も安心

全国の士業事務所様と提携

マネーフォワード クラウドは、全国の税理士・会計事務所、社会保険労務事務所の方々とパートナーシップを結んでいて、プロの支援も万全です。

税理士紹介サービス
税理士検索
社会保険労務士検索

初めてでも安心、充実のサポート体制

メール、チャットのコミュニケーションのほか、豊富なオンラインマニュアル・ヘルプ類、AIチャットボットによる自動応答、インストラクターによる訪問型導入支援サービス等々充実のサポートで、初めての方でも安心してご利用いただけます。