無料で使える会社設立サービス

初めてでも安心!

簡単3ステップで
知識がなくても会社設立

サービス利用料金0円サービス満足度93.6% ※2019年10月21日~2020年4月20日、「マネーフォワード クラウド会社設立」のユーザー329名を対象として当社にて実施 ※11段階中7以上のユーザーの割合

※2019年10月21日~2020年4月20日、「マネーフォワード クラウド会社設立」のユーザー329名を対象として当社にて実施 ※11段階中7以上のユーザーの割合

マネーフォワード クラウドは
多くのお客様にご利用いただいております

マネーフォワード クラウド会社設立

無料で使える会社設立アプリ。ガイドに沿って入力するだけで設立に必要な書類が揃う

マネーフォワード クラウド会社設立は
こんな方のためのサービスです

せっかく会社をつくるなら
自分の手でやってみたい

必要な情報を自分で考えながら入力。
最大11種類の必要書類が自動で用意できる!

会社設立の費用を
できるだけ抑えたい

サービス利用料が0円。
電子定款の利用で
最低3.5万円を節約!

決算など、設立後に必要になる
業務もまとめて効率化したい

マネーフォワード クラウドの利用で設立後の業務もまとめて効率化

マネーフォワード クラウド会社設立で、
手間のかかる会社設立を簡単に!

  1. Step 1

    フォーム入力で簡単に書類作成

  2. Step 2

    ガイドにそって登記書類を準備

  3. Step 3

    設立完了!
    設立後の手続きもサポート

\ 会社設立に必要な タスク日数 が分かる /

会社設立シミュレーター
スケジュールを確認!

マネーフォワード クラウド会社設立をご利用いただくと、会社設立の準備開始から完了までの目安のスケジュールとタスクをシミュレーションできます。

会社設立の計画を立てる
マネーフォワード クラウド会社設立のシミュレーター画面

会社設立の詳しい流れを見る

マネーフォワード クラウド会社設立がおすすめの理由

  • 株式会社/合同会社の
    両方に対応

  • サービス利用料金は
    0円!

  • ユーザー満足度

  • スマホアプリで外出先でも簡単操作

  • 電子定款に対応

  • 初めてでも安心
    充実のサポート体制

  • 印鑑の購入が可能

  • 会社設立後の経理や労務も安心!

  • 設立後に必要な書類もカンタン作成

  • 厳選した税理士無料紹介サービス

  • 設立後の法人口座や事業用カードもお得!

  • 書類の提出期限をリマインド

無料で使ってみる

※2019年10月21日~2020年4月20日「マネーフォワード クラウド会社設立」のユーザー329名を対象として当社にて実施、11段階中7以上のユーザーの割合

業界別!事業計画書のテンプレートも無料ダウンロード!

\ 無料登録でもらえる /

40種類以上のテンプレート
ダウンロードし放題

事業計画書を書こうとしている方向けに、40種類以上の事業計画書のテンプレート・作成例をご用意しています。他にも起業に役立つ資料をマネーフォワード クラウド会社設立をご利用いただくことで無料でダウンロードいただけます。

無料登録でダウンロード

設立方法の比較表

マネーフォワード クラウド会社設立

  • ・定款作成費用0.5万円※1
  • ・定款認証3.2万円※3
  • ・登録免許税15万円
  • ・手数料0
  • ・合計18.7万円

自分で設立

  • ・定款作成費用4万円※2
  • ・定款認証3.2万円※3
  • ・登録免許税15万円
  • ・設立手数料0
  • ・合計22.2万円

司法書士に依頼

  • ・定款作成費用0
  • ・定款認証3.2万円※3
  • ・登録免許税15万円
  • ・設立手数料8万円※4
  • ・合計26.2万円
マネーフォワード クラウド会社設立自分で設立専門家に依頼
定款作成手数料
・印紙代
0.5万円※14万円※20
定款認証
※ 必ず発生する費用です
3.2万円※33.2万円※33.2万円※3
登録免許税
※ 必ず発生する費用です
15万円15万円15万円
設立手数料008万円※4
合計18.7万円22.2万円26.2万円

※1 マネーフォワード クラウドの有料プラン(スモールビジネスプラン、ビジネスプラン)にご登録いただくと、行政書士(行政書士法人を含みます。以下同じ)に対する電子定款作成費用(通常5,000円(税込))を、株式会社マネーフォワード(以下「当社」)が負担いたします。なお、電子定款作成費用が、5,000円(税込)を超える場合には、当社で負担できない場合がございます。
※2 自分で設立する場合は、紙定款を使用するため印紙代が発生します。
※3 資本金によって異なります(最大5.2万円)。
※4 司法書士・行政書士等の専門家に依頼する場合、一般的に手数料が発生します。手数料は一例です。
※ 設立費用は、株式会社設立の一般的な例です。

マネーフォワード クラウド会社設立

  • ・定款作成費用0.5万円※1
  • ・登録免許税6万円
  • ・設立手数料0
  • ・合計6.5万円

自分で設立

  • ・定款作成費用4万円※2
  • ・登録免許税6万円
  • ・設立手数料0
  • ・合計10万円

司法書士に依頼

  • ・定款作成費用0
  • ・登録免許税6万円
  • ・設立手数料8万円※3
  • ・合計14万円
マネーフォワード クラウド会社設立自分で設立専門家に依頼
定款作成手数料
・印紙代
0.5万円※14万円※20
登録免許税
※ 必ず発生する費用です
6万円6万円6万円
設立手数料008万円※3
合計6.5万円10万円14万円

※1 マネーフォワード クラウドの有料プラン(スモールビジネスプラン、ビジネスプラン)にご登録いただくと、行政書士(行政書士法人を含みます。以下同じ)に対する電子定款作成費用(通常5,000円(税込))を、株式会社マネーフォワード(以下「当社」)が負担いたします。なお、電子定款作成費用が、5,000円(税込)を超える場合には、当社で負担できない場合がございます。
※2 自分で設立する場合は、紙定款を使用するため印紙代が発生します。
※3 資本金によって異なります(最大5.2万円)。
※4 司法書士・行政書士等の専門家に依頼する場合、一般的に手数料が発生します。手数料は一例です。
※ 設立費用は、株式会社設立の一般的な例です。

会社設立手続きを専門家にお任せ!
登記代行プラン

  • 会社を設立したいけど「時間がない」「知識がない」という方へおすすめ

  • マネーフォワード クラウド会社設立をご利用の方限定

  • 低コストで会社設立の書類作成から登記申請まで専門家にお任せできる

さらに、会社設立後に必要な経理を効率化できる
「マネーフォワード クラウド」を利用すると
電子定款の作成が無料に!※1

  1. お客様から行政書士へお支払いいただく
    電子定款作成費用
    通常5,000円(税込)
  2. マネーフォワード クラウドの有料プランを
    ご契約いただくと
    0※2

会社設立後も安心!
マネーフォワード クラウドとは?

マネーフォワード クラウドなら、設立後の経理や初年度の決算準備もスムーズに。
会社設立後に必要な、経理·人事労務のサービスをまとめてご利用いただけます。

マネーフォワード クラウド会計/クラウド会計ソフト満足度No.1(※3)
  • Point 1

    明細データの自動取得で手入力の時間を削減

  • Point 2

    決算書作りもラクラク

  • Point 3

    税理士との連携がスムーズに

料金

2,980円/月~

(スモールビジネス年額プラン契約の場合)

マネーフォワード クラウドの詳細を見る

※1 電子定款は、定款を電子文書で作成し認証を行う方法です。行政書士が定款を作成し電子署名を行います。(行政書士と契約いただき行政書士への定款作成費用 通常税込5,000円が発生します)電子定款で設立を行うと、紙定款で必要な印紙代40,000円が不要になります。
※2 マネーフォワード クラウド スモールビジネスプラン、ビジネスプランにご登録いただくと、行政書士(行政書士法人を含みます。以下同じ)に対する電子定款作成費用(通常5,000円(税込))を、株式会社マネーフォワード(以下「当社」)が負担いたします。年額プランと月額プラン、どちらのご登録も対象です。なお、電子定款作成費用が、5,000円(税込)を超える場合には、当社で負担できない場合がございます。
※3 クラウド型会計ソフト利用者1,651名へのアンケート調査(2021年3月自社調べ)より

マネーフォワード クラウド会社設立をご利用いただくと
お得に利用できるサービスがいっぱい!

  • マネーフォワード クラウド
  • fondesk
  • マネーフォワード ケッサイ
  • aws activate
  • マネーフォワード Pay for Business
  • ペライチ
  • Indeed
  • PayPay銀行

※ 特典内容は予告なく変更する場合がございます。

登録後の特典を見る

導入事例

導入事例をもっと見る

その他にもたくさんの方にご利用いただいています!

  • 手順通り進める事で、初めてでも安心して設立できました。
  • 自分で作成するより費用が安く、スピーディに対応してくれました。希望の設立日にスムーズに登記することができ、大変感謝しています。
  • 書類作成の手間が軽減され、やるべきことがステップごとに整理されていてわかりやすかったです。無料で利用可能だったのも助かりました。
  • 設立後に使うツールも3ヶ月無料などお得な内容が多く安心できました。

ユーザーの声をもっと見る

お役立ち資料

マネーフォワード クラウド会社設立 サービス資料

マネーフォワード クラウド会社設立
サービス資料

  • マネーフォワード クラウド会社設立とは
  • 個人事業主が法人成りするメリット・デメリット
  • 株式会社と合同会社どちらを選ぶべきか
ダウンロード
経理業務を1人で乗り越える方法とは?

経理業務を
1人で乗り越える方法とは?

会社設立に関わるお金コンプリートガイド

会社設立に関わる
お金コンプリートガイド

法人化を検討すべき7つのタイミングとは

法人化を検討すべき
7つのタイミングとは

セミナー情報

新着セミナー

過去開催アーカイブ

よくあるご質問

マネーフォワード クラウド会社設立の利用料金について教えてください
登録およびサービスの利用料金は無料です。電子定款を選択する場合は行政書士と契約いただき、行政書士への定款作成費用(通常5,000円(税込))が発生します。マネーフォワード クラウドの法人有料プランにご契約いただくと、行政書士(行政書士法人を含みます)に対する電子定款作成費用(通常5,000円(税込))を、 株式会社マネーフォワード(以下「当社」)が負担いたします。なお、電子定款作成費用が、5,000円(税込)を超える場合には、当社で負担できない場合がございます。
どのくらいの期間で設立ができますか?
マネーフォワード クラウド会社設立を利用すると、株式会社の場合2週間程度、合同会社の場合1〜2週間程度で設立ができます。
どのような会社が設立可能ですか?
株式会社、合同会社の設立が可能です。
電子定款に対応していますか?
対応しています。紙定款では4万円の印紙代が必要になるため電子定款がおすすめです。
マネーフォワード クラウド会社設立を利用した場合の、会社設立の流れについて教えてください
会社設立を行うにあたり用意するものを教えてください

ご用意が必要なものに関してはサービス内でご確認いただけます。以下を事前にご準備いただくと設立をスムーズにおこなっていただけます。

  • ・発起人全員の身分証明書のコピー・印鑑証明書
  • ・法人の印鑑(マネーフォワード クラウド会社設立内でもご購入いただけます)
  • ・CD-R(電子定款を選択される場合)
  • ・会社設立にかかる税金等の現金(株式会社の場合は20万円程、合同会社の場合は6万円程)
会社設立(登記)後の手続きにも対応していますか?
会社設立後の各行政機関への手続きに必要な帳票の出力が可能です。
※ 年金事務所、税務署、都道府県税事務所、市町村役場
  • マネーフォワード クラウド会社設立