初めてでも安心!

簡単3ステップで設立できる
会社設立をもっとラクに

※ 2019年10月21日~2020年4月20日、「マネーフォワード 会社設立」のユーザー329名を対象として当社にて実施

※ 11段階中7以上のユーザーの割合

スマホからでも簡単
サービスのご利用で不明な点はお気軽にご連絡ください

マネーフォワード 会社設立で、
手間のかかる会社設立を簡単に!

フォーム入力で簡単に書類作成

ガイドにそって登記書類を準備

設立完了!
設立後の手続きもサポート
会社設立の詳しい流れを見る

マネーフォワード 会社設立がおすすめの理由

  • 株式会社/合同会社の両方に対応

    合同会社は株式会社に比べて設立費用が安く、約7万円で設立できます。

  • サービス利用料金は0円!

    会社設立に必要な書類の作成は無料なので、最低限の費用で会社設立が可能です。(電子定款の作成代行は5,000円)

  • 電子定款に対応

    電子定款の場合、紙定款で必要な収入印紙代約4万円が不要になるためおすすめです。

  • 印鑑の購入が可能

    法人設立に必要な印鑑セットをお得に購入することができます。(柘 7,920円~)

  • 初めてでも安心、充実のサポート体制

    操作に関するご質問はメール・チャットでお問い合わせいただけます。電子定款の作成は行政書士がサポートします。

  • 設立後の特典が充実!

    法人口座やクレジットカード、バックオフィスツールなど、設立後に必要なサービスをお得にご利用いただけます。

マネーフォワード 会社設立をご利用いただくと
お得に利用できるサービスがいっぱい!

設立後の特典を見る

マネーフォワード クラウドの利用で、
電子定款の作成が無料に

電子定款の作成手数料

通常5,000円

マネーフォワード クラウドの
法人プランをご契約いただくと

0

マネーフォワード クラウドなら、設立後の経理や初年度の決算準備もスムーズに。
会社設立後に必要な、経理·人事労務のサービスをまとめてご利用いただけます。

料金
2,980円/月~
※法人スモールビジネス年額プラン契約の場合
マネーフォワード クラウドの詳細はこちら
※設立予定の会社で、マネーフォワード クラウド スモールビジネスプラン、ビジネスプランにご登録いただくと電子定款の手数料(通常5,000円)が無料となります。年額プランか月額プランかは問いません。
※電子定款は、定款を電子文書で作成し認証を行う方法です。行政書士が定款に電子署名を行います。電子定款で設立を行うと、紙定款で必要な印紙代40,000円が不要になります。
さらに今なら!
Amazonギフト券 10,000円分プレゼント
キャンペーン実施中
キャンペーン期間中(2020年9月1日〜2020年11月30日)に「マネーフォワード クラウド」の法人ビジネス年額プラン(年額 59,760円)もしくは法人スモールビジネス年額プラン(年額 35,760 円)のご契約でAmazonギフト券10,000円分をプレゼント!
※特典の適用には条件があります。
※詳細は「マネーフォワード 会社設立」ご登録後にご案内いたします。

設立方法の比較表

  • 株式会社を設立

  • 合同会社を設立

マネーフォワード
会社設立
自分で設立司法書士に依頼
定款認証手数料
・印紙代
0.5(1)4万円(2)0
定款認証
※必ず発生する費用です
5.2万円5.2万円5.2万円
登録免許税
※必ず発生する費用です
15万円15万円15万円
設立手数料008万円(3)
合計20.7万円24.2万円28.2万円
※設立費用は、株式会社設立の一般的な例となります。
マネーフォワード
会社設立
自分で設立司法書士に依頼
定款認証手数料
・印紙代
0.5(1)4万円(2)0
登録免許税
※必ず発生する費用です
6万円6万円6万円
設立手数料008万円(3)
合計6.5万円10万円14万円
※設立費用は、合同会社設立の一般的な例となります。
  • (1)マネーフォワード クラウドの有料プラン(法人スモールビジネスプラン、法人ビジネスプラン)にご登録いただくと、行政書士による電子定款作成手数料(通常 5,000円)が無料となります。
  • (2)自分で設立する場合は、紙定款を使用するため印紙代が発生します。
  • (3)司法書士・行政書士等の専門家に依頼する場合、一般的に手数料が発生します。手数料は一例です。
マネーフォワード 会社設立
  • 定款認証印紙代
    0.5円(1)
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    0
  • 合計
    20.7万円
自分で設立
  • 定款認証印紙代
    4万円(2)
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    0
  • 合計
    24.2万円
司法書士に依頼
  • 定款認証印紙代
    0万円
  • 定款認証
    5.2万円
  • 登録免許税
    15万円
  • 設立手数料
    8万円(3)
  • 合計
    28.2万円
  • (1)マネーフォワード クラウドの有料プラン(法人スモールビジネスプラン、法人ビジネスプラン)にご登録いただくと、行政書士による電子定款作成手数料(通常 5,000円)が無料となります。
  • (2)自分で設立する場合は、紙定款を使用するため印紙代が発生します。
  • (3)司法書士・行政書士等の専門家に依頼する場合、一般的に手数料が発生します。手数料は一例です。
  • ※設立費用は、株式会社設立の一般的な例となります。
マネーフォワード 会社設立
  • 定款認証印紙代
    0.5円(1)
  • 登録免許税
    6万円
  • 設立手数料
    0
  • 合計
    6.5万円
自分で設立
  • 定款認証印紙代
    4万円(2)
  • 登録免許税
    6万円
  • 設立手数料
    0
  • 合計
    10万円
司法書士に依頼
  • 定款認証印紙代
    0万円
  • 登録免許税
    6万円
  • 設立手数料
    8万円(3)
  • 合計
    14万円
  • (1)マネーフォワード クラウドの有料プラン(法人スモールビジネスプラン、法人ビジネスプラン)にご登録いただくと、行政書士による電子定款作成手数料(通常 5,000円)が無料となります。
  • (2)自分で設立する場合は、紙定款を使用するため印紙代が発生します。
  • (3)司法書士・行政書士等の専門家に依頼する場合、一般的に手数料が発生します。手数料は一例です。
  • ※設立費用は、合同会社設立の一般的な例となります。

会社を設立した方の声

  • 株式会社まずみる
    わかりやすさとローコストが決め手でした。
    詳しく見る
  • 合同会社マイティワン
    わずか2週間で簡単に法人化できました。
    詳しく見る
  • Nishika株式会社
    会計ソフトの使い勝手で、「マネーフォワード 会社設立」を選びました。
    詳しく見る

その他にもたくさんの方にご利用いただいています!

手順通り進める事で、初めてでも安心して設立できました。
他社と比べて電子定款作成が無料でかつ、スピーディに対応してくれました。希望の設立日にスムーズに登記することができ、大変感謝しています。
書類作成の手間が軽減され、やるべきことがステップごとに整理されていてわかりやすかったです。無料で利用可能だったのも助かりました。
設立後に使うツールも3ヶ月無料などお得な内容が多く安心できました。
ユーザーの声をもっと見る
よくあるご質問
Q.マネーフォワード 会社設立の利用料金について教えてください。
A.
登録およびサービスの利用料金は無料です。電子定款を選択する場合は作成の代行費用5,000円がかかります。(マネーフォワード クラウドの法人有料プランのご契約で無料となります。)
Q.どのような会社が設立可能ですか?
A.
株式会社、合同会社の設立が可能です。
Q.電子定款に対応していますか?
A.
対応しています。紙定款では4万円の印紙代が必要になるため電子定款がおすすめです。
Q.マネーフォワード 会社設立を利用した場合の、会社設立の流れについて教えてください。
A.
こちらのガイドをご確認ください。
Q.どのくらいの期間で設立ができますか?
A.
マネーフォワード 会社設立を利用すると、株式会社の場合2週間程度、合同会社の場合1〜2週間程度で設立ができます。
Q.会社設立を行うにあたり用意するものを教えてください。
A.

ご用意が必要なものに関してはサービス内でご確認いただけます。以下を事前にご準備いただくと設立をスムーズにおこなっていただけます。

・発起人全員の身分証明書のコピー・印鑑証明書

・法人の印鑑(マネーフォワード 会社設立内でもご購入いただけます)

・CD-R(電子定款を選択される場合)

・会社設立にかかる税金等の現金(株式会社の場合は20万程、合同会社の場合は6万円程)

Q.会社設立(登記)後の手続きにも対応していますか?
A.

会社設立後の各行政機関への手続きに必要な帳票の出力が可能です。

(年金事務所、税務署、都道府県税事務所、市町村役場、労働基準監督署、ハローワーク)