「連携サービスから入力」機能の使い方

機能説明

自動仕訳機能とは

自動仕訳機能とは、ユーザーの契約している銀行口座やクレジットカード会社、各種クラウドサービスに弊社システムがログインし、情報を取得し、明細として表示させる機能です。

この機能を使用すれば、今までの様に通帳やネットバンキングにログインし、一つ一つ手入力で仕訳を選ぶ必要がなくなり、勘定科目を選択し、登録ボタンを押すだけで、仕訳登録が完了します。

自動仕訳ルールとは

自動仕訳ルールとは、この自動仕訳機能を更に便利に活用する機能です。MFクラウド会計・確定申告では、登録した仕訳の内容を記憶し、次回同様の明細が取り込まれた場合に前回の内容を元に勘定科目を提示します。これが自動仕訳ルールです。

さらに、自動仕訳ルールを自分で作成することもできます。独自のルールを設定することで、より日々の仕訳入力がラクになります。

対象ユーザー

MFクラウド会計・確定申告ユーザー

対象ページ

連携サービスから入力
自動仕訳ルール(自動仕訳ルールの設定を行います)
新規登録(明細を取り込むための口座を設定します)
登録情報(自動仕訳を行う口座を管理します)

使用方法

1.仕訳登録の流れ(銀行・クレジットカード)

(1)金融機関の登録

前段階として、金融機関の登録を行っておく必要があります。新規登録ページで、金融機関の登録を行ってください。

transaction_journals01.png

(2)仕訳の入力

連携サービスから入力に、取り込まれたデータが表示されます。勘定科目を選択し、登録ボタンを押すことで仕訳として登録されます。
transaction_journals02.png

(3)各箇所の説明

各項目について説明します。
transaction_journals03.png

「対象外」ボタン

項目を仕訳の対象外にする場合に押します。対象外にすると、「連携サービスから入力」ページに表示されなくなります。

「詳細」ボタン

複合仕訳を入力する場合や、タグやメモなどを入力する場合に選択してください。画面下部にウインドウが表示されます。

「実現」ボタン

予定実現機能を使用する場合にクリックしてください。仕訳を消し込む候補が表示されます。
予定実現機能については、下記のページを参照してください。

予定実現機能

「一括登録」・「一括対象外」ボタン

仕訳としての登録を一括で行う、もしくは一括で対象外にする場合に使用します。
各項目の左側のチェックを押し、対象の項目を選択した後にボタンを押してください。

「インポート」ボタン

銀行などからダウンロードした取引明細や、エクセルに手入力した取引明細をインポートします。

銀行マーク

該当の口座がどの金融機関かを確認する場合には、マウスのカーソルを金融機関のアイコンにあててください。

「自動仕訳ルール」

「連携サービスから入力」にデータが取り込まれた際に、あらかじめ勘定科目を設定するルールを設けることが可能です。

「登録済一覧」

取り込むデータを管理している画面に移動することができます。

2.仕訳対象外と対象外の解除

仕訳対象外にした明細で、再び仕訳入力を行いたい場合には、「登録済み一覧」ボタンを押し、「閲覧」ボタンを押してください。

transaction_journals04.png

明細一覧が表示されるので、「対象外を解除」ボタンを押してください。
そうすると、再び「連携サービスから入力」ページで仕訳登録が可能になります。

transaction_journals06.png

1.仕訳登録の流れ(ビジネス)

(1)仕訳の登録

カテゴリ「ビジネス」で取り込まれたデータは、ビジネスタブに明細が反映します。勘定科目を選択し登録を行います。
※ビジネスタブについては、自動仕訳ルールの設定を行うことができないことにご留意ください。

transaction_journals07.png

(2)明細一覧の表示

金融機関のデータ連携と同じように、「登録済み一覧」ボタンを押し、「閲覧」ボタンを押すと明細一覧が表示され、対象外を解除することで再び仕訳候補にすることが可能です。

transaction_journals08.png

(3)日次集計機能

ビジネスカテゴリに取り込まれるレジデータの多くは、決済単位で集計されます。決済単位ではなく日付単位で集計させたい場合には、日次集計機能を活用してください。

設定方法

ビジネスタブを選択すると、当初は明細ごとに表示されています。

transaction_journals09.png

金融機関欄で該当のサービスを指定し、検索を行うと、「明細を日次単位で集計する」という項目が現れるので、チェックを入れ、「反映」ボタンを押します。

transaction_journals10.png

明細単位で表示されていた明細が、日次単位で表示されるようになりました。そのまま仕訳登録が可能です。

transaction_journals11.png

留意点

  • 合計額を割り戻し消費税額を求めているため、消費税申告の積み上げ形式には対応していません。
  • エアレジなど、現在日次で集計しているデータを明細単位に変更することはできません。
  • 複数口座がある場合には、口座ごとの日次集計を行う事ができますが、口座を横断しての集計は行えません
  • 日次集計機能は、1日につき50件までが集計範囲となります。50件以上明細がある場合には集計がおこなえませんのでご注意ください。

連携データのインポート

銀行の取引明細のインポート

MFクラウドでは、金融機関のデータを自動取得する事ができますが、対応していない金融機関や、登録をしたくない金融機関(銀行・カード・電子マネー等)の入出金履歴をCSVファイルやANSER形式ファイル(.api)でアップロードする事もできます。
アップロードすると、金融機関の入出金としてMFクラウドに取り込むことができます。
インポートボタンを押し、「銀行・カード等のサイトからダウンロードした取引明細」をお選びください

transaction_journals012

テンプレートをもとに作成したCSVファイルやANSER形式ファイル(.api)を選択し、データをアップロードしてください。初めてCSVファイルやANSER形式ファイル(.api)をアップロードする場合、金融機関名から「新規追加」を選択し、名前を入力した上で、アップロードを行ってください。

アップロードを行っていただければ、データ連携を行った明細と同じように、仕訳登録が可能となります。

エクセルで手入力した取引明細のインポート

銀行の取引明細の他にも、手動で入力した経費のリストや入金、出金のリストなど、日付・金額・摘要がまとまったリストのインポートを行うことができます。
インポートボタンを押し、「エクセルに手入力した取引明細」をお選びください

transaction_journals012

開いたページにあるテンプレートをダウンロードし、必要事項を記載の上、アップロードを行ってください。
データ連携を行った明細と同じように、仕訳登録が可能となります。

使用ポイント

取得のタイミング

通常の口座連携の場合、一日に一度取得が行われています。

過去の明細の取得

口座連携については、取得可能期間に制限があり、概ね1~3ヶ月となっています。
取得できなかった期間については、手動で仕訳登録を行ってください。
また、定期的に登録情報で、正常に明細が取得されているかを確認してください。

取り込み元金融機関の勘定科目の選択

勘定科目の選択

口座登録時、自動で銀行口座の場合には普通預金、クレジットカードの場合には未払金に補助科目が作成されます。この補助科目は任意に変更が可能です。
登録情報ページを開き、「口座情報」ボタンを押して、勘定科目・補助科目を選択すると、次回登録時から選択した科目が使用されます。予め勘定科目の設定で、勘定科目・補助科目が登録されていることを確認してください。

当座預金の場合

当座預金の場合でも、初回登録時には普通預金科目に補助科目が作成されます。勘定科目の設定で当座預金に補助科目を作成して、前項の手順で補助科目を選び直してください。自動作成された普通預金科目の補助科目は削除してください。

既に仕訳登録を行った場合

既に登録を行った仕訳は、設定を変更しても仕訳に影響は生じません。
仕訳一括編集機能を使用し、一括で科目の編集を行ってください。
その後、不要な補助科目を削除してください。削除できない場合には、下記のFAQを参考に、削除をお試しください。
勘定科目(補助科目)が削除できません。方法を教えてください。

エラーメッセージが表示されたときには

「本サイトにログイン可能か、IDとパスワードをお確かめ下さい。」というエラーの場合

口座連携はお客様の代わりにネットバンクなどにログインし、明細を取得する仕組みのため、ネットバンクにログインが可能なIDとパスワードの入力が必須です。
上記のエラーは、それについて相違があると通知されている状況です。
(1)連携サービス登録ページの登録したい金融機関のページを開き、「○○銀行のサイトでログインに用いる情報を確認する」リンクを開き、ログインをお試しください。
ログインできない場合は、登録ページが異なるか、対応がない金融機関です。
(2)登録済サービスページの、登録情報ボタンを押し、IDやパスワードを入力しなおしてください。ブラウザの機能によりあらかじめ入力されている場合は、文字列を削除し、入力しなおしてください。

「管理者IDでは無く利用者IDを使用してください」と表示される場合

MFクラウドに登録した金融機関のアカウントが管理者アカウントの場合に表示されます。
ネットバンクにログインし、利用者アカウントを作成し、入力し直してください。

入力を求められる「可変パスワード(利用者) 」が持っているものと形式が異なる場合

八十二銀行などでは、管理者アカウントと利用者アカウントで可変パスワードの形式が異なります。
入力しているアカウントが利用者アカウントであるかを確認し、異なる場合には金融機関のネットバンクにて登録をおこなってください。

「重複ログインである」と表示される場合

お客様がネットバンクにログインしている状態で取得が行われた場合、すでに1つのアカウントがログインされていることを理由に、取得が行えない場合があります。現在もネットバンクにログインしている場合はログアウトし、しばらく経ってから再度取得をお試しください。

「取得を一時停止している」と表示される場合

メンテナンスなど、何らかの理由で一時的に取得を停止しています。
メンテナンス情報ページを確認してください。また、前回取得から数日の時間が経過している場合には、一度再取得をお試しください。その上で上手く取得が行えない場合は、弊社コンタクトセンターまでお問い合わせください。

「本サイトにログイン頂き、重要なお知らせをご覧ください。」という表示がある場合。

ネットバンクにログインし、お知らせが表示されていた場合には表示されない状況にしていただき、再度取得をお試しください。

ネットバンクにログインできるアカウントが無い場合

ネットバンクにログインできるアカウントがない場合には、自動取得は行えません。
勘定科目の設定ページで補助科目を作成し、手入力で仕訳を登録することで、仕訳登録や管理は可能です。

クレジットカード口座で法人用と個人用の口座が両方取得され、片方だけを表示させたい場合

連携データの選択機能で、取得する口座の取捨選択が可能です。