三井住友銀行(個人用口座)の、データ連携更新のお願い(会計事務所様)

Pocket

いつもMFクラウド会計・確定申告をご利用いただきありがとうございます。
MFクラウドでは、これまでよりも簡単で確実に明細の取得ができるAPI方式へ順次切り替えをおこなっています。

それにともない、2017年7月28日に三井住友銀行の個人用口座の明細取得がAPI方式に変わりました。API連携について詳しくはこちらをご参照ください。
すでに三井住友銀行のデータ連携をおこなっている事業所は、データ連携更新(再連携)のご操作をお願いいたします。
お手数とはなりますが、明細の取得状況をご確認いただき、データ連携更新の手続きを顧問先様にご依頼いただくようお願いいたします。

なお、今回の更新については、すでにAPI連携で登録済(移行済)の方、三井住友銀行の法人口座の方については設定をおこなっていただく必要はありません。

※データ連携更新(再連携)をおこなわず、明細取得をしていない状態が一定期間続くと、取得できない明細が発生いたしますのでお早めに更新をお願いいたします。

データ連携更新の手順

本手順はオーナー権限でログインした場合にのみ設定が可能です。

1.登録済一覧を起動すると、ステータスの欄に赤い三角マークが表示されています。
表示されている場合には更新手続きが必要です。赤い三角マークにマウスをあててください。

2.マウスをあてると、「再入力」というリンクがあるのでクリックしてください。

3.「再連携する」というボタンをクリックします。

4.「三井住友銀行と連携する」というボタンをクリックします。

5.必要な情報を入れ、「ログイン」ボタンを押します。その後、三井住友銀行のネットバンク内で連携を承認してください。

6.連携が完了するとステータスが「正常」になり、最終更新日が更新されます。

注意点

API連携は概ね3ヶ月に一度更新作業が必要です。エラーが表示された場合には今回と同じように更新手続きをお願いします。

長期間明細が取得できない状態が続くと、明細取得可能期間が過ぎてしまい、取得できない明細が発生します。概ね2週間に一度は、明細の取得ができているかを確認するようにしてください。

今後とも皆様のご要望に基づき、新機能開発、機能改善を進めてまいります。

ご意見・ご要望はログインの上、フィードバックフォームよりお送りください。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。無料でお試しいただけます。

Pocket