どこよりも早く平成29年度税制改正を予測~会計事務所業務に影響する自民税調の検討事項~

資料請求/お問い合わせ
MFクラウド税理士様専用ダイヤル 受付時間10:30〜17:00(土日祝を除く)

【開催済】どこよりも早く平成29年度税制改正を予測~会計事務所業務に影響する自民税調の検討事項~※参加無料

【開催日時】《東 京》10月12日(水) セミナー

1部 : どこよりも早く平成29年度税制改正を予測~会計事務所業務に影響する自民税調の検討事項~

各省庁からの税制改正要望も出揃い、政府税制調査会や与党税制調査会で、平成29年度税制改正に向けた議論が行われています。
今回の大モノは、配偶者控除の廃止とされているが、会計事務所にとって実務上影響するような改正も目白押しです。
そこで、現状浮上している会計事務所に影響しそうな改正項目を紹介致します。

「KaikeiZine 注目ニュースから見る会計事務所業界事情」
(1)「東京地裁 税理士の『DES』リスク説明義務めぐり3億円損害賠償命令」に見る会計事務所業務のリスク問題
(2)「比嘉酒造「残波」課税で注目判決 役員退職金の「適正額」めぐり東京地裁が一部取り消し」から学ぶ、役員退職金

KaikeiZineサイトで報道してきた注目のニュースの裏側を紹介致します。
地裁判決後の状況や、今後の裁判の行方、租税調査研究会の国税OB税理士がこの裁判をどのように分析、見ているのかなど、
また、このほかにもKaikeiZineに掲載された注目ニュースを紹介していきます。

税理士先生と関連のあるニュースをご紹介しますので、ぜひご参加ください。

KaikeiZineとは?

日本最大級の会計人向けwebメディア。
税金・会計ニュースを他では読めない切り口で伝える専門メディアです。
国税庁税務相談官、税務⼤学校教授、税務署⻑の経歴持つ国税出⾝税理⼠が監修。
会計事務所だけでは解決できない税務の取り扱いなどに対するアドバイスやセミナーなどを通じて、会計事務所の⾼度な専⾨業務に対 するセカンドオピニオン⽀援を⾏っています。
常に最新の知識・情報を持った国税出身の優秀な専門家集団が監修しています。

講師:宮口 貴志 氏(一般社団法人租税調査研究会 事務局長)

宮口 貴志 氏 画像■講師プロフィール:

税金・会計ニュースを他では読めない切り口で伝えるメディア「KaikeiZine」の編集長。
税金の専門紙「納税通信」、税理士業界紙「税理士新聞」の元編集長。
現在は租税調査研究会の事務局長の傍ら、会計事務所ウオッチャーとしても活動。

租税調査研究会とは?

経済活動が複雑化、グローバル化していくなか、税務も比例して高度化しています。
そうした中、税務の判断は単に法解釈だけの問題にとどまらず、行政的な見方も重要になっています。

租税調査研究会は、国税当局出身税理士のみで構成した会計事務所専門の税と経営に関する専門家 組織であり、
個々の事務所では対応の難しい難解な税務審理、複雑な税務調査 をサポートします。

<主な活動>
・国税当局出身の税理士による難関な税務処理のアドバイス
・税務調査の指揮を執ってきた現場責任者による税務調査対応のサポート
・会計人の育成と資質向上を目的とした勉強会の開催
・税務調査ノウハウなどが記載されたメールマガジンの配信

2部:会計事務所のクラウド会計活用事例ご紹介(仮)

タイトル
どこよりも早く平成29年度税制改正を予測
~会計事務所業務に影響する自民税調の検討事項~
開催日時
10月12日(水)16時30分~18時30分(開場16時15分)
料金
無料
定員
20名様