2019年度 仮想通貨税務申告サポートプログラム

仮想通貨税務申告サポートプログラム

昨年、当社では仮想通貨取引を行うユーザー様向けの「仮想通貨申告サポートプログラム」を展開致しました。本年は、仮想通貨税務申告を行う士業の皆様をご支援するプログラムとし、各種サービスの提供を開始致します。

仮想通貨税務申告に必要な損益計算を行うに際し、税務申告のプロフェッショナルである士業の皆様も有用にご活用頂ける損益計算サービスをご紹介・情報提供を行ってまいります。

 

提携会社について

tax@cryptactを提供する株式会社クリプタクト社とは仮想通貨取引を行う個人ユーザーや仮想通貨税務を扱う税理士向けに適切な情報提供を行うことを目的とし、2018年9月に資本業務提携を開始しております。(クリプタクト社と資本業務提携について

Guardianを提供する株式会社Aerial Partnersとは昨年より士業様向けの仮想通貨税務に関する情報提供を実施致しました。本年も継続して、当プログラムを通じて、支援を行ってまいります。(Aerial Partnersと『仮想通貨申告サポートプログラム』について

 

 

ご利用の流れ

■ご利用方法

1、下部専用URLより、ご希望のサービス、プランをお選びください
2、申し込みフォームへ必要事項をご記入いただき、送信してください
3、追ってサービス提供元より、ご登録頂きましたご連絡先にサービスの利用手順をお送りさせていただきます

※ お申し込みいただいたプランによって、受けられるサポートが異なりますのでご注意ください。

■申込者特典
本プログラム申込者全員に、仮想通貨の申告に対応した「マネーフォワード クラウド確定申告」の無料クーポン1年分をプレゼント!
※専用URLよりtax@cryptact/Guardianの有料プランに申し込み頂いた方に限ります
※1事務所様につき1社分のプレゼントとなります

■募集期間
2019年2月15日まで

■お申込み専用URL
サービス名:tax@cryptact
提供元: 株式会社クリプタクト https://www.cryptact.com/
専用URL:goo.gl/UEG1BQ

サービス名:Guardian
提供元: 株式会社Aerial Partners https://www.aerial-p.com/
専用URL:goo.gl/ka61w9

 

 

マネーフォワード クラウド確定申告での仮想通貨の申告方法

– 複雑なお取引をしていない方はこちらがオススメ –


多くの方の仮想通貨の申告は、雑所得にあたります。
マネーフォワード クラウド確定申告は雑所得の申告にも対応しているため、複数の取引所をまたぐなどの複雑な計算の取引をしておらず、既に所得金額の計算がお済みの方はマネーフォワード クラウド確定申告を使っての申告をオススメします。

詳しくはこちらの記事をご確認ください

 

 

 

マネーフォワード クラウド確定申告について

マネーフォワード クラウド確定申告が選ばれる理由

面倒な作業はすべて自動化!
明細データの自動取得、仕訳の自動入力で、これまで時間がかかっていた会計業務がラクになります。
申告に必要な書類も自動作成!
確定申告書B、青色申告決算書など、確定申告の必要書類が自動作成できます。e-Taxにも対応の個人事業主向けの確定申告ソフトです。
いつでもどこでも利用できる
従来のパッケージソフトとは違い、時間・場所問わず利用可能なため、会社のパソコンがなくてもご利用いただけます。
Macにも対応
Win/Macに対応しています。個人事業主やフリーランスの皆様の多様なワークスタイルに最適なクラウド型の確定申告ソフトです。

初心者も経験者も安心して使えます

万全のサポート体制で未経験者でも安心
使い方ガイドや充実のサポートで、会計業務が初めての方でも問題なくご利用いただけます。
マネーフォワード クラウドに詳しい税理士をご紹介
税務や申告でお悩みの方には、マネーフォワード クラウド会計・確定申告の使い方を熟知した税理士を無料でご紹介。
会計ソフトからの乗り換えも簡単・スムーズ
他社会計ソフトからの移行にも対応しており、会計年度中でも既に入力した仕訳を使ったマネーフォワード クラウド会計・確定申告の利用が可能です。
インストール不要
クラウド型確定申告ソフトだから、面倒なインストールは不要です。メールアドレスで会員登録するだけでご利用可能です。