マネーフォワード クラウド

\個人&中小企業はこちら/

\上場/IPO準備企業はこちら/

クラウドなら、
うまくいく

会計業務から人事労務まで
バックオフィスをまとめて効率化

中小企業から上場企業まで
幅広くご利用いただいております

テレビCM放映中!

個人事業主の方

はじめての確定申告でも
必要な作業を自動化すれば
ラクラク安心!

中小企業の方従業員数30名以下

会計ソフトだけじゃない
経費や請求書管理ソフトも
連携して
バックオフィスを
まとめて効率化

上場/IPO準備企業の方従業員数31名以上

複数サービスを組み合わせて
使える
クラウド型ERPを
低コストで
スモールスタート

人事労務から始める

勤怠管理から給与計算・
明細発行・振込まで、
クラウド連携で
労務の流れを
まとめて効率化

会社設立から始める

初めてでも安心!
簡単3ステップで知識が
なくても会社設立

電子契約から始める

社内外の契約業務の
時間を削減。
簡単3ステップで契約締結!

バックオフィスサービス
使い分けがなくなる

マネーフォワードクラウド サービス図

基本料金ですべてのサービスが使える

勤怠管理・給与計算・請求書管理・経費精算などのバックオフィスに必要なサービスをクラウド連携することで、
経理財務から人時労務まで、バックオフィス業務全体を格段に効率化します。

※6名様以上でご利用の場合 経費:1名あたり500円、給与:1名あたり300円、勤怠:1名あたり300円、
マイナンバー:1名あたり100円、社会保険:1名あたり100円が各サービスの従量課金として加算されます。

2022年1月1日から
請求書類は印刷して保管することが
原則できなくなります

2022年1月1日に施行される改正電子帳簿保存法により、電子取引情報の保存ルールが変わります。
今までは紙で印刷したものを原本として保管できましたが、
2022年1月1日以降は取引情報を原則電子データで、かつ電子帳簿保存法の要件に則って保存する必要があります。

※ 2023年12月31日までの間に電子保存に対応できない事情があると税務署長が認め、
かつ出力書面での提出等に応じることができる場合は出力書面での保存も認められます。

電子で受領した請求書類の
すべてが対象!

全事業者が対象!

マネーフォワード クラウド会計なら
改正電子帳簿保存法対応!

有料プランについて

パーソナルミニ

副業などで確定申告をする
必要のある方

年額プラン

800円/月

9,600円/年

月額プラン

980円/月

─ サポート ─

メール/チャット

パーソナル

自営業、個人事業主として
確定申告をする必要のある方

年額プラン

980円/月

11,760円/年

月額プラン

1,280円/月

─ サポート ─

メール/チャット

パーソナルプラス

確定申告の操作が不安で
電話サポートを受けたい方

年額プラン

2,980円/月

35,760円/年

月額プラン

ナシ

─ サポート ─

メール/チャット/電話

スモールビジネス

部門管理が不要な企業や、
請求業務の少ない
小規模事業者向けプラン

年額プラン

2,980円/月

35,760円/年

月額プラン

3,980円/月

ビジネス

バックオフィス業務全般を
効率化したい、
中小企業向けプラン

年額プラン

4,980円/月

59,760円/年

月額プラン

5,980円/月

お気軽にお問合せください

従業員数31名以上の企業様は具体的な
料金・導入スケジュールについて、
お客さまのご状況に合わせて専任担当者が
ご案内いたします。