マネーフォワード クラウド確定申告 使い方ガイド

STEP6 登録内容の確認

STEP4,5で仕訳登録ができました。今回は登録を確認する方法をご紹介します。
仕訳を登録すると、登録された内容はすべての帳簿に反映されます。帳簿に反映された内容から、入力内容が確認できます。
すべての取引が問題なく登録できていれば、確定申告の際に提出する決算書作成のための情報が集まります。

(1)仕訳帳で、仕訳が登録できていることを確認する

登録されたすべての仕訳は、仕訳帳で確認できます。

仕訳帳に移動する

また、右上のエクスポートボタンを押すと、印刷の為のPDFファイルや表計算ソフトで編集ができるCSVファイルが出力できます。
インポートボタンでは、表計算ソフトで入力したデータのインポートが可能です。

「仕訳帳」機能の使い方(使い方ガイド)

(2)補助元帳で、通帳の残高と合致するかを確認する

補助元帳を使うと、通帳の残高とマネーフォワード クラウドの仕訳上の残高が合っているかが確認できます。

補助元帳に移動する

①勘定科目「普通預金」を選び、補助科目に口座名称を選び検索してください。必ず、補助科目には口座を選択し検索してください。

②選んだ口座の仕訳入力状況(取引状況)が表示されます。

上部の「繰越残高」は、期首(個人の場合は1月1日)時点、もしくは開業日時点のその口座の残高が記載されています。
そして、最終行の右下の残高は仕訳登録完了時点の残高が記載されており、仕訳を入れた内容が正しければ、その時点の通帳の残高と一致します。

画像の例の場合、7月28日までの明細が入力されているので、7月28日時点の通帳の残高と一致しているか確認し、一致しなければ、どの時点で金額がずれているかを確認する流れです。

(3)明細一覧で、取り込まれた明細がどの仕訳として登録されているかを確認する

明細一覧ページでは、取り込まれた明細がどの仕訳として登録されているかを確認できます。
仕訳登録をすると、取引Noが各明細に記載され、番号をクリックすることで該当の仕訳に移動できます。
連携サービスから入力で対象外にした仕訳も、このページで復活できます。

明細一覧に移動する

images_0827_09

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

便利な使い方

マネーフォワード クラウドのチュートリアル

マネーフォワード クラウド確定申告は、チュートリアルに従いながら事業所の設定や金融機関とのデータ連携等、初期セットアップを行うことができます。「個人事業主の確定申告の流れ」からチュートリアルに進んでください。

チュートリアル画面を開く

※リンク先にはログインが必要です

よく見られているガイド

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客さまに合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!