マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. 個人事業主から法人に移行しました。「マネーフォワード クラウド確定申告」から「マネーフォワード クラウド会計」への移行方法を教えてください。

個人事業主(マネーフォワード クラウド確定申告)に引き続き、法人(マネーフォワード クラウド会計)でもマネーフォワード クラウドシリーズを選択していただきありがとうございます。
この項目では、マネーフォワード クラウド確定申告利用者の方がマネーフォワード クラウド会計を使用する場合の留意事項についてご案内します。

事業者の作成

マネーフォワード クラウド確定申告をご利用中の個人事業主の方が、法人成りなどによりマネーフォワード クラウド会計を利用する場合、現在の事業者とは別に事業者を新規作成する必要があります。
オーナー権限でログイン後、事業者・年度の管理画面を開き、「新しい事業者の作成」から事業者を作成してください。
その際、「法人」の事業者を選んでください。
images_0826_16

右上の事業者名をクリックすると、事業者・年度の管理というリンクがあります。そちらを開くと事業者の切り替え画面が表示され、いつでも切り替えることができます。
事業者・年度の管理

料金

新しく作成した法人事業者の料金

新しく作成した法人事業者の料金は別途発生します。新規作成時点は無料の状態で作成され、右上の事業者名をクリックすると表示される「有料プランへの申し込み」ボタンから有料プランの申し込みができます。

これまでの個人事業主の事業者の料金

これまでの個人事業主の事業者の料金は、解約するまで発生します。
解約を行うと、主に以下の操作ができなくなりますのでご注意ください。

  • 仕訳の新規登録
  • 仕訳ファイルのエクスポート

一方、無料プランに移行しても入力した仕訳データは削除されません。

解約操作の詳細については下記ガイドをご確認ください。
解約方法について

移行手続き

勘定科目

マネーフォワード クラウド会計とマネーフォワード クラウド確定申告は異なった勘定科目体系となり、そのままの形ではデータの移行ができません。
両事業者でそれぞれ、勘定科目画面の右上にあるエクスポートボタンで勘定科目ファイルのエクスポートをおこない、法人事業者に得意先などのデータを付け加える形で編集し、インポートを行ってください。

口座連携機能

口座連携は、同じアカウント(メールアドレス)の場合には同じ登録データを使用することができます。
もし、法人事業者で使用しない口座がある場合には、連携データの選択でチェックを外し、保存してください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客さまに合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!