マネーフォワード クラウド給与 使い方ガイド

KING OF TIMEの連携設定方法

こちらのページでは「KING OF TIME」からマネーフォワード クラウド給与へ従業員情報を取り込むための方法について説明します。

連携設定を行っていただくことで、マネーフォワード クラウド給与上のボタンをクリックするだけでKING OF TIMEに登録されている従業員情報と、打刻された勤怠情報を簡単に取り込むことが可能です。

大変恐れ入りますが、KING OF TIMEの操作に関するご質問は、KING OF TIMEのサポートまでお問い合わせをお願いします。

利用対象

マネーフォワード クラウド給与とKING OF TIMEをご利用中のお客さま

対象ページ

連携設定
従業員情報

目次

  1. KING OF TIMEとの連携設定
  2. 従業員情報の取り込み
  3. カスタムデータ項目・休暇区分の連携設定
  4. 勤怠データの取り込み
  5. 連携の注意点

KING OF TIMEとの連携設定

KING OF TIMEでの接続文字列の取得

KING OF TIMEから、連携をするための接続文字列を取得します。
KING OF TIMEにログイン後、「その他」>「オプション」と遷移し、「外部サービス連携用接続文字列」の「マネーフォワード連携」の文字列をコピーしてください。
※文字列が表示されていない場合は、KING OF TIMEの窓口へお問い合わせください。


マネーフォワード クラウド給与の設定

サイドメニューの「連携設定」をクリックします。

「KING OF TIME」欄の右側「連携する」をクリックします。

「KING OF TIME連携」画面が表示されますので、接続文字列を入力し「登録する」をクリックします。
※接続文字列は、KING OF TIMEにログイン後、設定>企業の設定と遷移し、画面下部の「マネーフォワード連携」に表示されています。表示されていない場合は、KING OF TIMEへお問い合わせください。
03

連携が完了すると「KING OF TIME連携を更新しました」とメッセージが表示されます。
連携を解除する場合はごみ箱のアイコンを、接続文字列を変更する場合は「編集」より行います。

従業員情報の取り込み

連携完了後に「従業員情報」画面に遷移し、「従業員の追加/更新▼」ボタンを押すと、「KING OF TIMEから従業員データを取り込む」ボタンが表示されますので、クリックします。

「従業員データ取り込み」画面が表示されますので、「取り込む」をクリックします。
06

従業員が追加されました。紐付けられた従業員(勤怠データが取り込まれる従業員)には「勤怠」列にチェックが入ります。

KING OF TIMEから取り込まれる従業員情報は以下の項目です。

MF給与項目名 KING OF TIME項目名 備考
従業員コード 従業員コード
苗字 従業員 姓
苗字フリガナ 従業員 姓 カナ
名前 従業員 名
名前フリガナ 従業員 名 カナ
性別 性別
入社年月日 入社年月日 MF給与は必須項目のため、KOT側が空白の場合は 「取り込んだ日=入社日」となります。
退職年月日 退職年月日 退職日同期以降は、同期対象外となります。
・KING OF TIMEの従業員データとマネーフォワード クラウド給与の従業員データで照合を行い、紐付けられる従業員については紐付けが行われ、紐付けられない従業員は新規作成されます。
・KING OF TIMEとマネーフォワード クラウド給与の従業員データは、従業員コードを元に紐付けが行われます。例えば、KING OF TIME上で従業員コードが「00001」の場合、マネーフォワード クラウド給与の従業員コードが「00001」の者の勤怠データとして取り込まれます。
※KING OF TIMEとマネーフォワード クラウド給与で従業員氏名が異なる場合でも、従業員コードが一致していれば紐付けが行われます。
・入社年月日、従業員コード等、一部の基本情報は自動反映されますが、基本給の金額や通勤手当等、給与計算に必要な情報は従業員情報画面より設定が必要です。
※KING OF TIMEから入社日、退職日が連携されるのは、「マネーフォワード クラウド給与」側に従業員登録がない状態で連携した場合のみとなります。

カスタムデータ項目・休暇区分の連携設定

お客さまが独自でKING OF TIMEで作成されたカスタムデータ項目(月別)と休暇区分を取りこむことができます。
カスタムデータ項目と休暇区分は勤怠データインポートの前に、マネーフォワード クラウド給与にKING OF TIMEで使用しているカスタムデータ項目と同じ名称の勤怠項目の登録が必要です。

勤怠項目の登録を行う場合は、サイドメニューの「基本設定」をクリックし、勤怠項目を開きます。

カスタムデータ項目の連携設定

「+追加」ボタンを押して、勤怠項目に、KING OF TIMEで設定したカスタムデータ項目と完全一致した名称を入力し、単位はKING OF TIMEと同じ設定いただき、「保存する」をクリックします。

KING OF TIME カスタムデータ項目(月別)設定画面
カスタムデータ項目設定

マネーフォワード クラウド給与 勤怠項目設定画面
MF_カスタムデータ項目設定

・集計対象となる項目は、カスタムデータ項目設定画面で表示されている項目です。
・KING OF TIMEで設定している「パターン」の連携はできません。

休暇区分の連携設定

お客さまが独自でKING OF TIMEで作成された休暇区分、有休および代休の使用日数、使用時間数、残日数、残時間数の月別データを取りこむことができます。

休暇区分設定

・集計対象となる項目は、休暇区分設定画面で表示されている有休と代休とお客さまが独自で作成した休暇区分です。

有休の連携設定

  • 有休使用日数:有効にチェックをしてください。
  • 有休使用時間数:有効にチェックをしてください。
  • 有休残日数:有効にチェックをしてください。
  • 有休残時間数:有効にチェックをしてください。
  • 使用時間数と残時間数の単位はKING OF TIMEと同じ設定をしてください。
  • 最後に、「保存する」をクリックします

MF_有休設定

代休の連携設定

  • 代休使用日数:有効にチェックをしてください。
  • 代休使用時間数:「+追加」ボタンを押して、勤怠項目に「代休使用時間数」、単位に時間の選択肢を設定してください。
  • 代休残日数:「+追加」ボタンを押して、勤怠項目に「代休残日数」、単位に「0.0日」を設定してください。
  • 代休残時間数:「+追加」ボタンを押して、勤怠項目に「代休残時間数」、単位に時間の選択肢を設定してください。
  • 給与明細で表示したいカテゴリ(出欠勤・実働時間・休暇)は自由に設定可能です。
  • 最後に、「保存する」をクリックします

MF_代休設定

その他の休暇区分の連携設定

  • 各休暇の使用日数:「+追加」ボタンを押して、勤怠項目に「”休暇区分名称”+使用日数」、単位に「0.0日」を設定してください。
  • 各休暇の使用時間数:「+追加」ボタンを押して、勤怠項目に「”休暇区分名称”+使用時間数」、単位に時間の選択肢を設定してください。
  • 各休暇の残日数:「+追加」ボタンを押して、勤怠項目に「”休暇区分名称”+残日数」、単位に「0.0日」を設定してください。
  • 各休暇の残時間数:「+追加」ボタンを押して、勤怠項目に「”休暇区分名称”+残時間数」、単位に時間の選択肢を設定してください。
  • 給与明細で表示したいカテゴリ(出欠勤・実働時間・休暇)はご自由に設定してください。
  • 最後に、「保存する」をクリックします。

MF_ボランティア休暇設定

勤怠データの取り込み

操作方法

勤怠データの取り込みは「給与計算」画面で行います。画面右上「メニュー」をクリックします。

「KING OF TIMEから勤怠データをインポート」をクリックします。

連携したい対象期間(前月度分、今月度分)を選択し、対象項目をクリックします。
初期設定では「全選択」にチェックが入っています。項目を指定したい場合は、「全選択」のチェックを外し、指定したい項目にチェックを入れて「勤怠をインポート」をクリックします。

※項目ごとに前月分のデータ・今月分のデータを分けて取り込みたい場合は、このインポート作業を前月分、今月分と2回行っていただく必要がございます。

取り込みには最長で5分程度かかる場合がございます。取り込み中は「勤怠データ取り込み中です。取り込みが完了するまで暫くお待ち下さい。」とメッセージが表示されます。取り込みが完了しても自動で更新はされませんので、キーボードの「F5」等で定期的にページの更新を行い、ご確認をお願いいたします。

項目一覧

KING OF TIMEで標準で登録のある項目と、お客さまが独自に作成されたカスタムデータ項目が、マネーフォワード クラウド給与の項目に変換され取り込まれます。
標準で登録のある項目の対応については下記の表をご参照ください。

以下の事業者では、マネーフォワード クラウド給与の勤怠項目名が下記の表と異なります。
・2020年11月28日以降に作成した事業者
・「デフォルト勤怠項目名を更新する」の操作を行った事業者
 
変更後の勤怠項目名については、以下のガイドをご参照ください。
勤怠項目の名称を「マネーフォワード クラウド勤怠」と一致させる方法
MF項目名 MF新項目名 KING OF TIME項目名 備考
出勤日数 出勤日数(平日) 平日勤務回数
所定休日出勤日数 出勤日数(所定休日) 法定外休日出勤日数
法定休日出勤日数 出勤日数(法定休日) 法定休日出勤日数
欠勤日数 欠勤日数(平日) 欠勤取得日数
遅刻回数 遅刻回数(平日) 遅刻回数
早退回数 早退回数(平日) 早退回数
遅刻時間 遅刻時間(平日) 遅刻時間
早退時間 早退時間(平日) 早退時間
所定内出勤時間 所定時間(平日) 所定時間
所定内深夜出勤時間 深夜所定時間(平日) 深夜労働時間
法定内残業時間 所定外時間(平日) 所定外時間
残業時間 法定外時間(平日) 残業時間
深夜残業時間 深夜法定外時間(平日) 深夜残業時間
所定休日所定内出勤時間 所定時間(所定休日) 法定外休日所定時間
所定休日所定内深夜出勤時間 深夜所定時間(所定休日) 法定外休日深夜時間
所定休日法定内残業時間 所定外時間(所定休日) 法定外休日所定外時間
所定休日残業時間 法定外時間(所定休日) 法定外休日残業時間
所定休日深夜残業時間 深夜法定外時間(所定休日) 法定外休日深夜残業時間
法定休日所定内出勤時間 所定時間(法定休日) 法定休日所定時間
法定休日所定内深夜出勤時間 深夜所定時間(法定休日) 法定休日深夜時間
法定休日法定内残業時間 所定外時間(法定休日) 法定休日所定外時間
法定休日残業時間 法定外時間(法定休日) 法定休日残業時間
法定休日深夜残業時間 深夜法定外時間(法定休日) 法定休日深夜残業時間
休暇みなし時間 休暇みなし時間 休暇みなし時間
休憩時間 休憩時間(平日) 休憩時間
45時間超普通残業 割増残業時間 ※参照
60時間超普通残業 割増残業時間2 ※参照
45時間超深夜残業 割増深夜残業時間 ※参照
60時間超深夜残業 割増深夜残業時間2 ※参照
※参照
MF給与での勤怠項目の整理に伴って、MF給与側に対応する勤怠項目が存在しない場合があります。
・その場合は「勤怠項目」画面から、「KING OF TIME項目名」と名称の一致する勤怠項目をあらたに追加してください。

勤怠項目に黄色の矢印が表示されたら、反映完了です。

KING OF TIMEで標準で登録のある項目

KING OF TIME 有休(休暇区分)
KOT_有休

MF_有休

KING OF TIME 代休(休暇区分)
KOT_代休-1

MF_代休

KING OF TIME その他の休暇区分
KOT_ボランティア休暇-1

MF_ボランティア休暇

連携時の注意点

初回連携時の注意点

■マネーフォワード クラウド給与で、既に従業員を登録している状態で連携を行う場合は、
「マネーフォワード クラウド給与で登録されている従業員コード」と「KING OF TIME側の従業員コード」を同じコードに合わせていただき、連携をお願いいたします。

※従業員コードが異なっている場合、従業員の紐づけが正しくできなかったり、
別の従業員として認識され、マネーフォワード クラウド給与上で別の従業員として登録される可能性があります。

勤怠項目の時間が正しく連携されない場合は、以下の内容をご確認ください。

■勤怠データ自体が入ってこない場合:
「従業員情報」>「従業員一覧」の右端「勤怠」にチェックが入っているかをご確認ください。

・上記にチェックが入っていない場合、KING OF TIME側で登録されている従業員と紐づいていない状態となります。
その場合は、「従業員の追加/更新▼」より「KING OF TIMEから従業員データを取り込む」を行ってください。

■カスタム項目が連携されない場合:下記をご確認ください。

・項目名は完全一致しているか
・休暇区分の、有休・代休以外の「その他休暇区分」の場合、マネーフォワード クラウド給与側の項目名が「項目名+単位」になっているか
(※詳細は、カスタムデータ項目の「その他の休暇区分の連携設定」をご確認ください)
・KING OF TIME側で設定している単位と、マネーフォワード クラウド給与側の単位が同じ単位になっているか
※KING OF TIME側とマネーフォワード クラウド給与での単位が違っている場合、正しく連携できない可能性があります。
マネーフォワード クラウド側の単位については「基本設定」>「勤怠項目」 より確認、編集が可能です。

時給制の従業員については、残業手当の計算式をご確認ください。

■マネーフォワード クラウド給与では、残業手当の計算式(初期値)は次のとおりとなっています。
設定画面:「支給項目設定(時給)

残業手当:時給 ÷ 1 × 0.25 × 残業時間

初期設定で用意をしている「基本給」は、かけ合わせる勤怠項目が「所定内出勤時間」(「残業時間」が含まれない時間)で固定されているため、「基本給」で計算される金額は「残業時間」分を含まずに計算されます。

そのため、「残業手当」について、1.25の割増で支給されたい場合は、「0.25」から「1.25」に変更し適切な計算結果になるかを確認してください。

詳しい操作方法や用例については、下記FAQをご参照ください。

「残業手当」や「深夜残業手当」が、割増された金額で計算されないです。何故でしょうか?

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたい方

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ