マネーフォワード クラウド請求書 使い方ガイド

マネーフォワード クラウド for Salesforceの設定全般

マネーフォワード クラウド for Salesforceに関して、以下の各設定を任意に設定することが可能です。
■マネーフォワードクラウド請求書との連携設定
■カスタムオブジェクトの部門選択時の検索対象項目に取引先名を追加する設定
■その他

■マネーフォワードクラウド請求書との連携設定

マネーフォワードクラウド請求書との連携に関する以下のような設定を行う事が可能です。

アプリケーション一覧 > マネーフォワードクラウド請求書設定タブ

[Salesforce マネーフォワードクラウド請求書設定画面]

マネーフォワードクラウド請求書設定 各種設定項目

No 項目名 説明
1 取引先コード マネーフォワードクラウド請求書・取引先の「取引先コード」と連携する項目を、Salesforceの取引先の任意の項目から設定する
2 消費税を計算する チェックありの場合、見積書・請求書の消費税を計算を行う。消費税率はマネーフォワードクラウド請求書の設定画面の設定値が適用される
3 連携エラーログ出力 チェックありの場合、連携エラーログがSalesforce上に保存される。
4 連携エラーログ保持期間(日) 連携エラーログをSalesforce上に保持する日数の指定が可能。

■カスタムオブジェクトの部門選択時の検索対象項目に取引先名を追加する設定

1.「取引先名」項目に権限を付与する

システム管理者でログインし、設定画面を開きます。

クイック検索欄に「権限セット」と入力し、権限セットを選択してください。

導入時にコピーした「一般ユーザ」の権限セットを選択します。

「オブジェクト設定」を選択してください。

「部門」を選択します。

「編集」を押下してください。

「取引先名」の参照・編集アクセス権にチェックを入れ、保存します。

「マネーフォワードクラウド請求書・管理者」の権限セットも「一般ユーザ」と同様に「取引先名」の参照・編集アクセス権にチェックを入れます。
加えて、「タブの設定」の「利用可」にチェックを入れ、保存します。

2.検索レイアウトに「取引先名」を追加する

システム管理者でログインして、設定画面からオブジェクトマネージャを選択します。

「部門」を選択してください。

左メニュー内の「検索レイアウト」を選択します。

「▼」を押下し、「編集」を選択してください。

「取引先名」項目を「選択済みの項目」に追加し、保存してください。

3.取引先名を部門レコードに移送する

取引先名を部門レコードに移送するために、既存「部門」レコードの空更新を行うことで、部門選択時の検索対象項目に取引先名をが追加されます。
また、大量の更新が必要な場合は、データローダ等をご活用ください。

■その他

利用前提

・Lightning Experienceでのみ対応しています。Classicは対応しておりません。
・Lightning Componentを使用している為、マイドメインの有効化が必須となります。

対応エディションは下記のとおりです。
・Enterprise Edition、Unlimited Edition、Developer Edition、Performance Edition

・対応ライセンスはSales Cloudライセンスが対応しております。
・対応ブラウザはLightning Experienceの対応するブラウザに準拠しております。

取引先連携

・個人取引先には現在対応しておりません。
・郵便番号・電話番号は日本のフォーマットのみ使用可能です。
・マネーフォワード クラウド請求書上では、1つの取引先に複数部門を作成可能ですが、Salesforceでは1つの取引先に連携可能な部門は1件のみとなっております。

見積書・請求書連携

・商品コードの連携は連携されません。
・商談の数量・収益スケジュールには対応しておりません。
・マルチ通貨には対応しておりません。
・単位の連携は対応しておりません。
・マネーフォワードクラウド請求書上では、1つの取引先に複数部門を作成可能ですが、Salesforceでは1つの取引先に部門は1件のみ連携されます。見積書・請求書の送付先部門情報を変更したい場合は、「3.1.2.取引先編集」を参考に部門を編集後にと取引先の同期を行ってください。
・金額が小数点以下の端数が発生した場合、小数点の扱いでSalesforceとマネーフォワードクラウド請求書書のプラットフォーム間で異なる為、以下の点にご注意ください。

マネーフォワードクラウド請求書
– マネーフォワードクラウド請求書の設定で、「切捨て(デフォルト)/切り上げ/四捨五入」を選択可能
Salesforce
– 四捨五入:標準ページレイアウト、レポート
– HALF-EVEN:数式の数学関数、Apex、Visualforceでの実装方式に依存

注意事項

取引先連携

選択することが可能ですが、本アプリケーションでは部門は一つのみ設定することができます。

見積書・請求書連携

金額が小数点以下の端数が発生した場合、小数点の扱いでSalesforceとマネーフォワードクラウド請求書書で以下のとおり異なる為、ご注意ください。マネーフォワードクラウド請求書の設定を「四捨五入」に設定することでSalesforce標準の商談画面の表示と金額を一致させることが可能です。

マネーフォワードクラウド請求書
– マネーフォワードクラウド請求書の帳票設定で、「切捨て(デフォルト)/切り上げ/四捨五入」を選択可能
Salesforce
– 四捨五入:標準ページレイアウト、レポート
– HALF-EVEN:数式の数学関数、Apex、Visualforceでの実装方式に依存

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード:

  • 掛売りにおける請求業務をすべて代行

    マネーフォワード ケッサイ

    • 掛売り(企業間後払い決済)に伴う与信管理・代金回収・督促業務といった請求業務をすべて代行することで、ユーザー様の生産性向上に貢献します。
    • 未回収リスクの保障や、高い与信通過率により、幅広い顧客にアプローチができ、顧客の取り逃がし防止にも貢献します。
    • 買い手様に書類提出や捺印などの手間をかけないため、顧客満足度の向上につながります。
  • マネーフォワード クラウド請求書のココがすごい!

    導入企業の活用事例

    • クラウドならではの機能で、 コミュニケーションや帳票管理のコストを改善した事例をご紹介しています!
    • 「出先からでもインターネットでアクセスし、さっと作ってメール送信で完結できるようになった。」、「未収のアラート機能によって請求書の管理効率が改善された。」など、サービスご利用中のお客さまの声を掲載しています。