マネーフォワード クラウド経費 使い方ガイド

部門

概要

従業員の所属やワークフローに関わる部門情報を管理する画面となります。

対象ページ

部門

対象ユーザー

管理権限の方

目次

1.部門登録手順
2.マネーフォワード クラウド会計との連携について
3.マネーフォワード クラウド会計Plusとの連携について

手順

1.部門登録手順

1.管理設定>組織>部門をクリックします。

2.「新規追加」をクリックします。

3.部門名など必要事項を入力し、「保存する」をクリックします。

親部門を設定したい場合は、先に親となる部門の登録を行い、子部門登録時に親部門を紐付け設定してください。
他社会計ソフトと連携する場合、「部門名」や「コード」が、会計ソフト側の名称やコードと完全一致している必要があります。
ご利用の会計ソフトの名称とコードを確認してから登録をしてください。

部門名
クラウド経費で利用する部門名称となります。

コード
仕訳エクスポート出力で「部門コード」として出力することが可能です。

親部門
部門を階層管理したい場合に、ひとつ上の階層の部門を指定します。

負担部門付替先
仕訳エクスポート出力で「借方部門」として出力する部門を指定します。
仕訳上は、親部門で表示したいといった場合に利用します。

表示優先順
画面表示の順番を指定する場合に利用します。(値が小さいほど上に表示されます。)

表示フラグ
画面に表示するものにチェックを入れます。

クラウド会計上の部門
クラウド会計に仕訳を連携した際に、仕訳の部門に表示する部門を指定します。
クラウド会計で設定済みの部門から選択可能です。
マネーフォワード クラウド会計Plusをご利用の場合は、自動連携しておりませんので、それぞれ同一名称で登録をお願いいたします。

CSVでの取込方法は、「CSV取込方法ガイド」をご参照ください。

2.マネーフォワード クラウド会計との連携について

マネーフォワードクラウド 会計とマネーフォワードクラウド 経費の部門の情報は、自動連携しておりません。
そのため、クラウド経費で登録した明細の部門をクラウド会計の仕訳の部門に反映したい場合には「クラウド会計上の部門」の項目にて紐づける部門を設定いただく必要がございます。
なお「クラウド会計上の部門」はクラウド会計に設定されている部門の情報を選択する仕組みとなりますので、事前にクラウド会計の部門設定をお願いします。
(クラウド会計の部門設定は、オーナーもしくは、クラウド会計の権限をお持ちの方に実施いただく必要がございます。)
マネーフォワード クラウド会計 使い方ガイド 「部門」の設定方法

3.マネーフォワード クラウド会計Plusとの連携について

マネーフォワードクラウド 会計Plusとマネーフォワードクラウド 経費の部門の情報は、自動連携しておりません。
そのため、双方に同一名称で登録をお願いします。
(クラウド会計Plusの部門設定は、クラウド会計Plusの権限をお持ちの方に実施いただく必要がございます。)
マネーフォワード クラウド会計Plus 使い方ガイド 「部門」の設定方法

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード:

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とマネーフォワード クラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。