マネーフォワード クラウド経費(FAQ)

Q. ICカードや他社サービスとのデータ連携について

ICカードや他社サービスとのデータ連携について、よくある質問を紹介します。
必要に応じてご利用ください。

よくある質問

<全般>

<連携サービス利用時>

<ICカードリーダーアプリ利用時>

<全般>

ICカードや他社サービスのデータを連携して経費明細登録を効率化できますか。

ICカードや他社サービスのデータを連携することは可能です。
連携方法には、「連携サービス」と「ICカードリーダーアプリ」の2つがあります。

「連携サービス」は、ご利用のICカードのサービスサイトに表示される明細情報を連携します。
そのため、明細情報が表示されるサービスサイトがない場合は利用できません。
連携できるサービスについては、個人設定>連携サービス>連携サービス追加にてご確認ください。

「ICカードリーダーアプリ」は、スマートフォンアプリを利用してICカード内の情報を読み取り、マネーフォワード クラウド経費に連携する仕組みです。
詳しくは下記をご参照ください。

ICカードや他社サービスからクラウド経費に連携できるのはどんなデータですか。

クラウド経費で経費明細として利用可能な支払実績データのみ連携できます。
そのため、チャージの明細やポイント、および未確定の情報は連携されません。

ICカードや交通系電子マネーのデータを連携した際に、定期区間が控除されません。

ICカードや交通系電子マネーとの連携では、実際の乗車履歴の実績データがそのまま連携されます。
クラウド経費の「定期区間設定」は「経路から登録」を用いて経費明細を登録する場合のみ利用できる仕組みのため、ご留意ください。

ICカードや他社サービスのデータを連携した際に、意図した経費科目が反映しません。

経費科目は、「経費科目自動振り分け」をを事前に設定することで自動入力できます。
サービスの用途連携データがどのように表示されるのかを確認したうえで、適した設定を行ってください。

【設定例】

【設定例の詳細】

優先順 連携サービス 明細の内容・判定条件 経費科目
5 「PASMO」で 明細に「バス」を含めば バス代
6 「PASMO」で 明細に「入」を含めば 電車代
9 「モバイルSuica」で 明細に「バス」を含めば バス代
10 「モバイルSuica」で 明細に「入」を含めば 電車代
15 「PiTaPa」なら 明細の内容に関わらず 電車代
16 「エクスプレス予約(スマートEX)」なら 明細の内容に関わらず 旅費交通費
17 「ANA(航空券)」なら 明細の内容に関わらず 飛行機代
18 連携サービスに関わらず 明細に「タクシー」を含めば タクシー代

<連携サービス利用時>

連携サービスで他社サービスのデータを連携するための設定方法を教えてください。

設定方法の詳細は、下記のガイドをご参照ください。

連携サービスの設定を行ってもデータが連携されません。

データが連携されない場合は、連携サービス一覧の画面に「設定エラー」が表示されていないか確認してください。
設定エラーが表示されている場合
ログイン情報が誤っている可能性があります。
「編集」を選択し、正しいログイン情報を登録してください。

設定エラーが表示されていない場合
連携サービス表示設定」画面で、該当のサービスにチェックが入っていない可能性があります。
チェックが入っていない場合はチェックを入れてください。

チェックが入っている場合は、連携元のサービスにログインし、連携できる支払実績があるかを確認してください。
※チャージやポイントの情報は連携されません。

なお、連携設定時に「自動取得対象の開始日」で「開始日以降のデータを取り込む」を選択した場合は、連携開始日以降のデータを取得します。
連携開始日以前のデータを取得する場合は、「取得可能なデータをすべて取り込む」を選択してください。
※取得可能なデータの期間は、連携先のサービスごとの制約に準じます。

連携サービスのデータが自動取得されません。

連携元サービスのサービスサイトにログインする際に「画像認証」や「二段階認証」が求められる場合、自動取得は利用できません。
手動での取得を行い、その都度「画像認証」や「二段階認証」を行う必要があります。

なお、「モバイルSuica」を【My JR-EAST ID】で照会する場合は、初回のみ「画像認証」が必要となりますが、それ以降はシステムによる自動取得が可能です。
詳しくは下記のFAQをご参照ください。

手動での取得を行っても連携サービスからデータが連携されません。

データが連携されない場合は、「連携サービス一覧」画面に「設定エラー」が表示されていないかを確認してください。。
設定エラーが表示されている場合
ログイン情報が誤っている可能性があります。
「編集」を選択し、正しいログイン情報を登録してください。

設定エラーが表示されていない場合
連携元のサービスサイトに、支払実績が表示されていない可能性があります。
連携元のサービスにログインし、連携できる支払実績があるかを確認してください。
※チャージやポイントの情報は連携されません。

なお、「連携サービス」は、あらかじめ登録したログイン情報を元に連携サービスに接続し、データを取得する仕組みです。
月末月初などで連携サービスへのアクセスが混み合っている場合は接続が行えず、データを取得できない可能性があります。
時間を置いて再取得をお試しください。

連携サービスから最新データが連携されません。

「連携サービス」は、連携サービスのサービスサイトに表示されているデータを取り込む機能です。
連携サービスによってはサービスサイトへの反映が「翌日以降」となっているなど、リアルタイムに表示されない場合があります。
そのため、連携サービスのサービスサイトにデータが表示されているかを一度ご確認ください。

<ICカードリーダーアプリ利用時>

ICカードリーダーアプリを利用できるスマートフォンを教えて下さい。

下記のFAQで紹介している推奨環境に該当するスマートフォンであれば、ICカードリーダーアプリを利用できます。

ICカードリーダーアプリの利用方法を教えてください。

利用方法の詳細は、下記のガイドをご参照ください。

ICカードリーダーアプリを社内で共用利用することはできますか。

ICカードリーダーアプリの共有利用は可能です。
よくある事例としては、社内の入り口等に設置し、営業から戻るたびにデータを読み込むといった運用方法があります。
なお、ICカードの情報は端末にインストールされたアプリに保存されるため、端末が複数ある場合は、利用する端末ごとに設定が必要です。

初期設定については、下記のガイドをご参照ください。

ICカードリーダーアプリで一部の情報しか読み取れません。

ICカードリーダーは、ICカード内に保存されたデータの読み取りを行うことができるサービスです。
そのため、ICカードごとに制約されている「登録データ件数※1」や「保存期間」内のデータのみしか読み取ることができません。

なお、登録データ件数には、乗車履歴だけでなくチャージ履歴や購入履歴も含まれます。※2
ICカードのデータが消える前に読み取りを行うようご注意ください。

※1「登録データ件数」は、ICカードによって異なるものの、最大20件となっているカードが多いようです。
※2クラウド経費は支出のデータのみ連携する仕組みのため、チャージ履歴は連携されません。

ICカードリーダーアプリからクラウド経費に連携されません。

連携サービス表示設定」画面で、ご利用のICカードにチェックが入っていない可能性があります。
チェックが入っていない場合はチェックを入れてください。
※チェックが入っていない場合は「非表示」となり、連携データを確認できません。

なお、「連携サービス表示設定」画面にご利用のICカードが表示されていない場合は、ICカードとご利用のアカウントが紐付いていません。
下記のガイドをご参照のうえ、紐付けの変更操作を行ってください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード:

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とマネーフォワード クラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。