マネーフォワード クラウド勤怠 使い方ガイド

運用開始前に確認していただきたい細かな設定(スタートアップガイド)

目次

打刻機を利用し、勤怠打刻をしたいとき

マネーフォワード クラウド勤怠では、対応の打刻機を利用して打刻をすることができます。
打刻機を用意し、マネーフォワード クラウド勤怠と接続することで打刻機を利用した打刻が可能となります。

対応機種について

マネーフォワード クラウド勤怠では、下記の打刻機に対応しています。

  • ピットタッチ・プロ2
  • ピットタッチ・ビズ
  • PaSoRi RC-S380/S(業務用)

あらかじめご用意いただくもの

ピットタッチ・プロ2およびピットタッチ・ビズの場合

  • 打刻機本体(必要な個数)

「ピットタッチ・プロ2」および「ピットタッチ・ビズ」のお申込はこちらから

  • 無線接続モジュール(打刻機とネットワークを無線で接続する場合)
  • 打刻をする人数分のICカード

ICカードのご注文はこちらから

PaSoRiの場合

  • 打刻機(必要な個数)

PaSoRiの購入はこちらから

  • macOS最新版、またはWindows10最新版が搭載されたパソコン(利用環境はこちらのページにてご確認ください)
  • 打刻をする人数分のICカード

ICカードのご注文はこちらから

打刻機がお手元に届いたらしていただくこと

打刻機がお手元に届いたら、下記の設定が必要になります。

  • 打刻機の初期設定
  • 打刻機とマネーフォワード クラウド勤怠の接続設定
  • ICカードと従業員の紐付け

打刻機の種類によって設定手順が異なりますので、以下のガイドを参照しながら設定を行ってください。
ピットタッチの初期設定に関するガイドを見る

PaSoRiの初期設定に関するガイドを見る

打刻時間や日次の打刻集計を丸めたいとき

打刻丸めの設定

出勤・退勤・休憩といった打刻時間および、日次で集計された勤怠項目(所定時間、所定外、法定外など)の丸め処理を任意に設定することができます。
打刻丸めの設定方法に関するガイドはこちらをご参照ください。

出退勤の打刻丸めの設定

申請をしていない早出、遅刻、早退について、出退勤の打刻丸め処理することも可能です。
例えば、未申請で残業をした場合は、退勤予定時刻に退勤したとみなす設定などがあります。
未申請の打刻丸め設定に関するガイドはこちらをご参照ください。
※こちらの設定は、就業ルールの「管理監督者」「フレックスタイム制」「裁量労働制」にはご利用いただけません。

従業員による打刻時間の編集を制限したいとき

打刻編集権限設定

従業員の打刻編集を制限したい場合は、打刻編集権限を設定します。
また、従業員自身の設定だけではなく、上長が部下の打刻を修正できるか否かの設定も可能です。

<例>
従業員本人は打刻時間を編集できないよう制限したいが、上長は部下の打刻時間を編集できるようにしたい。

権限設定に関するガイドはこちらをご参照ください。

エラー表示を出したくないとき

アラート設定

アラート設定では、各アラートのレベルを設定することができます。
例えば、遅刻や早退をした場合に画面上に警告は表示させるが、エラーとしては扱わず、勤怠の締め申請をできるようにすることが可能です。
アラート設定に関するガイドはこちらをご参照ください。

いよいよ運用開始です

設定お疲れさまでした。
運用開始後は日々の従業員からの問い合わせなどから設定を見直したり、より良い運用方法を検討していただく期間となります。

従業員・上長の操作方法に関しては、運用準備編(スタートアップガイド)でダウンロードしていただける、従業員向け配布用資料に記載されておりますが、ネットでもご確認いただけるよう、簡単なガイドもご用意しておりますのでご覧ください。

お客さまからよくいただくお問い合わせについては、こちらをご覧ください。
よくあるご質問(FAQ)

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: