マネーフォワード クラウド勤怠 使い方ガイド

ワークフロー(スタートアップガイド)

目次

ワークフローとは

ワークフローでは、休暇申請や残業申請などの各申請を承認するための一連の流れを設定します。
ここでは、各申請を行う際の承認ルートを設定する操作について説明します。

ワークフローの設定について

ワークフローの設定は、下記の2段階で行います。

1.「役職階層」の設定
「役職階層」で組織図のような階層や役職を設定します。

2.「ワークフロー経路」の設定
「ワークフロー経路」で承認ルートを設定します。

役職階層の設定

役職階層とは

承認ルートを設定するための階層、および役職を作成します。
あくまで承認ルートに利用する階層のため、必ずしも組織図と同じ階層や役職名称である必要はありません。
ここで設定する階層は、「ワークフロー経路」と「上長メニュー」に影響します。

1.「ワークフロー経路」への影響
このあと設定する「ワークフロー経路」で、「役職」を指定して承認ルートを設定することができます。
その際、承認者は申請者よりも上位階層に属しており、かつ、申請者が自身の配下である必要があります。
下位階層の役職者が上位階層の役職者の申請を承認をしたり、配下でない役職者の申請を承認したりすることはできません。

<例>
・営業部長は「総務部メンバー」の申請を承認できません。
・「開発部メンバー」は営業部長の配下にいないため、営業部長は「開発部メンバー」の申請を承認できません。
・営業部長は「営業部メンバー」の申請を承認できます。

2.上長メニューへの影響
上長メニューの中の「勤怠確認」では、各従業員の勤怠を確認できます。
「役職階層」の設定により、ここに表示される従業員の範囲が決まります。

<例>
・総務部長は「全従業員」の勤怠を確認できます。
・開発部長は「開発部メンバー」の勤怠を確認できます。

ワークフロー経路の設定

ワークフロー経路とは

ワークフロー経路は、具体的に承認ルートを決めるための設定です。
承認者を設定する際は、1.「役職階層」の設定で作成した「役職」を使用したり、直接従業員を指定したりします。

なお、すべて従業員を指定した場合、「ワークフロー経路」のメンテナンスが煩雑になる可能性があります。
基本的には、「役職」を利用して設定をすることをおすすめしています。

各設定の詳しいガイドを見る

役職階層のガイドを見る
ワークフロー経路のガイドを見る

次に進む(ワークフローの設定が終わった)

従業員設定

[設定マップ]現在の位置

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: