マネーフォワード クラウド勤怠 使い方ガイド

管理者や上長が毎月行う操作について

概要

このガイドでは、全権管理者や上長が毎月行う操作をご紹介します。
いずれも必須の操作ではございませんが、お客さまのご用途に応じて運用方法をご検討ください。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド勤怠をご利用中のお客さま

対象ページ

「受信ワークフロー」
「上長メニュー」>「勤怠確認」
「エクスポート」

目次

受信ワークフローの確認

従業員が休暇や残業などの「ワークフロー申請」を申請すると、承認者の「受信ワークフロー」画面に申請が届きます。

確認するときのポイントは、以下2点です。

  1. 未承認のワークフロー申請が残っていないか。
    「受信ワークフロー」>「未承認」画面を開き、未承認のワークフロー申請がないかをご確認ください。

  2. 「差戻中」のワークフロー申請が残っていないか。
    「受信ワークフロー」>「差し戻し」を開き、差し戻し中のワークフロー申請がないかをご確認ください。

    「差戻中」のワークフロー申請が残っていると勤怠承認申請や勤怠締めが行えませんので、必ず再申請や削除を行ってください。
    ワークフロー申請を削除する場合は、承認者である上長または従業員による操作が必要となります。
    詳しい操作方法は、下記のFAQをご参照ください。

    Q. 差し戻し中の申請を削除する方法を教えてください。

勤怠データの確認と勤怠締め

適切な勤怠管理をするため、「上長メニュー」>「勤怠確認」画面で従業員の勤怠状況を定期的に確認することをおすすめします。
また、勤怠締めをすると対象月の勤怠データが確定され、打刻編集やワークフロー申請は行えなくなります。

勤怠締めの操作は大きく分けて2通りあります。お客さまのご状況に応じて、運用方法をご検討ください。

  • 従業員が「勤怠承認申請」を申請し、上長が承認する。最後に、全権管理者が「勤怠締め」を行う方法
  • 従業員による「勤怠承認申請」を行わず、全権管理者が直接「勤怠締め」を行う方法

詳しい操作方法は、下記使い方ガイドをご参照ください。
「日次勤怠の申請/承認方法について」

マネーフォワード クラウド給与への連携

「マネーフォワード クラウド給与」と連携し、集計した勤怠データを給与計算に利用することができます。
※勤怠締めをする前でも勤怠データの連携は可能です。その場合は、連携時の集計結果が反映される仕組みです。

詳しい操作方法は下記使い方ガイドをご参照ください。
「マネーフォワード クラウド給与」とのAPI連携の操作方法

出勤簿や勤怠データの出力

「エクスポート」画面では、出勤簿データや月別データを出力することができます。

出勤簿はCSVとPDFのファイル形式で出力することができますので、必要に応じてご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: