マネーフォワード クラウド勤怠 使い方ガイド

打刻丸めの設定方法

概要

マネーフォワード クラウド勤怠で勤怠打刻された時間の丸め方(端数処理方法)についてご説明いたします。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド勤怠を全権管理者でご利用中のお客さま

対象ページ

打刻丸め

目次

丸め設定とは

「丸め設定」は、出勤・休憩開始/終了・退勤の打刻が行われた際、「端数処理」をどのように行うかの設定です。
本ページの「打刻丸め」と、就業ルールの「出退勤の丸め設定」により、打刻の端数処理が行われて、勤怠データとして集計されます。

打刻丸め設定/編集方法

「全権管理者メニュー」>「勤怠ルール」>「打刻丸め」の画面から操作します。

初期設定など、新規で丸め設定を作成される場合には[編集]をクリックし登録を進めてください。
社内で集計方法などが変わる場合には[追加]をクリックします。

設定例

打刻ごとの丸め設定

「出勤の丸め設定」→10分「切り上げる」
(例)9:25に出勤打刻されると9:30で集計されます。

「退勤の丸め設定」→10分「切り捨てる」
(例)18:25に退勤打刻されると18:20で集計されます。

「休憩開始」と「休憩終了」→丸めない。
(例)12:15に休憩開始打刻されると12:15で集計されます。

日別データ丸め

集計されたデータを1日ごとに、どのように丸めるかを設定します。

「所定時間」→10分「切り上げる」
(例)7時間35分で集計された場合、7時間40分になります

「所定外時間」→10分「切り捨てる」
(例)1時間15分で集計された場合、1時間10分になります。

月別データ丸め

日別データ丸めで集計されたデータを1ヶ月ごとに、どのように丸めるかを設定します。

「所定時間」→10分「切り上げる」
(例)1ヶ月合計 :121時間35分で集計された場合、121時間40分になります。

丸め設定を変更した後は、画面の一番下にある[保存]をクリックします。

就業ルールの「出退勤の丸め設定」との違い

本ページの「打刻丸め」では、打刻が行われた際の「端数処理」について、全般的な設定をします。
就業ルールの「出退勤の丸め設定」では、申請をしていない早出や残業等の打刻を、どのように「端数処理」するかを設定します。

就業ルールの「出退勤の丸め設定」についてはこちらのガイドをご参照ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: